奔放
【ほんぽう】[名・形動]
1200572763424.jpg

世間の慣習などに束縛されず自分の思うままに振る舞う・こと(さま)。




ダイハツ"松田瑞生"が優勝し、MGC出場権を獲得した。
2時間22分44秒と記録も申し分なく、30kmから35kmを16分19秒でカバーする等、見事なネガティブスプリットでもあった。
陸連が求めていた課題をかなり消化しての優勝である。
そりゃ瀬古御大も喜ぶわな。

なんだけど、個人的にはいまいちピンときていない(´・ω・`)

昨年の『名古屋』で"安藤友香"が日本歴代4位の記録を出したときや、2年前の『大阪』で"福士加代子"が『リオ五輪』出場をほぼ手中に収めたときは感動もしたんだけどね。
なんか今回は盛り上がらないというか燃えないというか・・・

一応、今年の『アジア大会』の代表選考レースでもあったんだけど、「大きな大会の代表選考じゃないから」とかそういう感じでもないんだよな。
明らかにニューヒロインだし、今の"安藤"よりよほど安定してると思うんだ。
でもなんか・・・

何だろうな、この感じは(´・ω・`)
 
... 続きを読む
スポンサーサイト
紐付ける
【ひもづける】[動]
1396493443517.jpg

二つ以上の事柄の間につながりをもたせる。
特に、コンピューターで二つ以上のデータを相互に関連づけたり連結したりすることをいう。

もう東洋の"西山"の愛称は揺るがねえな(;^ω^)




例によって優勝候補に挙げられる( ̄ー ̄)

佐久長聖高校が9年ぶりに全国制覇したのだから当然ではある。
女子より2区間少ない全7区間。
でも中学生2区間、高校生3区間の縛りは同じなので、チームの総合力はどうしても高校生の出来で左右される。

しかし、世間は長野が優勝できるかどうかよりも"關颯人"個人に注目していたと思う。

東海大学黄金世代(現2年生)を象徴するエース。
昨年の『出雲駅伝』ではアンカー、区間賞でゴールテープを切った。
しかし、『箱根駅伝』では1区にエントリーされるも当日変更。
その後の状態が注目されていたのである。

両角監督曰く、『箱根』当日は8割程度で、走らせようと思えば出来なくもなかったそうな。
でも完璧な状態じゃない選手は走らせないというのが基本方針だそうで、完璧な選手が他にいたから外したと。

「1区"關"」と言われれば他のチームが動揺するだろうと思ってみてたんだけど、"關"が不完全との情報は周知されていたようで当日変更も織り込み済みだったらしい。
凄いブラフに見えたんだけどなあ(´・ω・`)

さて、その"關"は再起戦兼『箱根』の鬱憤晴らしで自らアンカーを志願。
その走りは・・・
 
... 続きを読む
露骨
【ろこつ】[名・形動]
1209039782531.jpg

〔戦場に骨をさらす意〕感情や本心をむきだしに示す・こと(さま)。あからさま。

フジテレビ陸上アカウント、どんだけ"細田"ちゃん好きだよ。
本人にも気付かれてるし(;´∀`)




今回の駅伝を見る前提として。

長野東高校『全国高校女子駅伝』準優勝!!

_|\○_ヒャッ ε=\_○ノ ホーウ!!

3000m9分10秒台の3年生、"松澤綾音"を急遽欠く中、代わりに出た"臼田彩花"って子が頑張ってね。
"和田有菜"は2年連続1区区間賞、最後は昨年『全国女子駅伝』で活躍した"小林成美"が大阪薫英女学院のアンカーをトラックでねじ伏せて2位。
もうね、感無量ですよ(´;ω;`)

この件だけで記事を一本書きたかったんだけど、残念ながら年末にそんな余裕は無く・・・

まあ個人的な感傷はともかく、昨年をさらに超える長野県女子史上最高戦力を有しているのは間違いない。
今年こそ、今年こそ過去最高順位の更新を!!
 
... 続きを読む
アンパンマン号
【あんぱんまんごう】[名]
1399965793685.jpg

『アンパンマン』劇中に登場するアンパンマンの顔をモチーフとした4輪車両。
絵本では『アンパンマンともぐりん』で初登場し、焼きたてのパンを配達するための車になっている。
ジャムおじさんたちの外出時の移動手段であるが、数々の武器を搭載しているため、車両というよりも戦車・移動基地の意味合いが強く、劇中でもかなりの戦果を挙げている。




1区蒲田を過ぎたあたり(16.5km地点)から六郷橋を下り終わった川崎駅近辺(19.5km地点)までの約9分間。

1月2日の朝っぱらからTwitterのトレンド上位に入った「アンパンマン号」が画面に映っていた実質的な時間である。
選手が20km、1時間を超える戦いをしている最中、たったこれだけで世間の耳目を掻っ攫った。

偶然とはいえタイミングが良すぎた。
青山学院大学"鈴木塁人"が集団から抜け出すべく仕掛けるとほぼ同時にアンパンマン号の全容が画面に現れた(それ以前にチラチラ見えてはいた)。
選手にクローズアップするとその真後ろに映り込むという絶好の位置取り。
その後、東洋大学"西山和弥"がトップを奪い単独走にいたる1区のクライマックスと言えるシーンまで映り続けた。

あんなモンが画面に大写しになったらそりゃ気になるわ(;^ω^)
おかげで1区の首位争いに集中できなかった視聴者が多数発生。
めでたく?トレンド入りとなった。

ナンバープレートをダッシュボード上に置いて外部から視認できるようにしていたが、見えにくいと言うことか単に神奈川県警の配慮なのか、停車させられて注意を受けたようでその後は映っていない。

後に取材を受けた所有者曰く、「悪意はない、純粋に選手を応援するつもりだった」とのこと。

そりゃ悪意はなかろうよ。
でも「純粋に選手の応援」というのは信じられないわなあ。
「目立つ」ってのが最優先課題だったのは誰の目にも明かだもの。

さて、注目されマスコミに取材もされ、調子に乗るか自重するか・・・

個人的には、 来年は出てくるな!(#゚Д゚)ゴルァ!! と思ってます。
 
... 続きを読む
腐っても鯛
【くさってもたい】[成句]
1204769355948.jpg

本来上等なものは、たとえ腐ってもその品格を失わない。




終わってみれば立命館大学が5連覇。
『全日本』の結果を見ればわかるように、"菅野七虹"(現・豊田自動織機)や"大森菜月"(現・ダイハツ)を擁し、無敵を誇った頃の勢いはない。
でもメンバーをよくよく見れば、やっぱりエリート集団なんだよなあ・・・

"加賀山恵奈"、"加賀山実里"の双子姉妹は3年前の『全国高校駅伝』における大阪薫英女学院の優勝メンバー。
"関紅葉"は同じ年に準優勝した立命館宇治高校のエース。
今回大学駅伝初出場の"真部亜樹"も立命館宇治高校出身で、"関"の後を継いだエースだ。
"真部"が3年生時の立命館宇治はチームとしては振るわなかったけど、彼女一人が気を吐いていた。

一昨年、"真部"が立命館に進学すると聞いて、「またエース級か、また!(#゚Д゚)」と立命館が強化され続ける状況を嘆いたもんです。
まだ"菅野"と"大森"もいたわけで、『全日本』6連覇は揺るぎないと思ったよなあ・・・

しかし、一昨年と昨年の『全日本』の結果はご存じの通り。
どれだけ能力があってもピーキング出来なければ意味が無い。
 
... 続きを読む