2014.03.05 Bia Bia
ハラール
【はらーる】[名]
1330056572377.jpg

イスラム法で許された項目をいう。
主にイスラム法上で食べられる物のことを表す。
豚肉を食べることは禁じられているが、その他の食品でも加工や調理に関して一定の作法が要求される。
この作法が遵守された食品がハラールとされる。




3月1日(土)

小雨が降ったり止んだりする中、レインコートに身を包みトルネーダーで高円寺に向かう。
普段ならわざわざこんな日に乗らない。
でも・・・

この日しか車検に持って行けないのです!!(><)

所有8年、4回目の車検。
これといって不具合は感じないけど経年劣化はあるだろうなあ・・・
見積もり((((;゚Д゚))))オソロシス


トルネーダーをショップに預けて電車で帰る・・・前に東高円寺で新規開拓。
一昨年開店の"Bia Bia"。
ベジポタでお馴染み"えん寺"と同じニコニコロード沿いにある。
この店最大の特徴は店主が「イラン」の方というところ。
  
 
ラーメン屋の外国人店主というと"アイバンラーメン"のアイバンさんが有名。
でもあの方はアメリカ人だったはず。

イラン人=ムスリム

そう思ってるので、ラーメンなんか禁忌食材の宝庫じゃね?(;・∀・)
しかし、メニューを見てその偏見は脆くも崩れ去る。

思いっきり「豚」使ってますがな(;´Д`)

作っておいて味見しないとか無いだろうし、ムスリムでも緩い人は食べちゃうとも聞くしね。
杞憂だったな(;´-ω-`)

その店主。
やはりというかなんというか顔の見た目は西アジアのムスリムっぽい。
傍目で見る限りは日本語も流暢でコミュニケーションに不安はない。
やたら「すいません」を連呼するんだけど、形だけじゃなく本当に日本人的な使い方をしてるんで返って苦笑い(;´∀`)
「謝ったら負け」的な価値観とは無縁らしい。

140301BiaBiaスペシャル

Bia Bia スペシャル   1,000円



ベースは塩。
トッピングに大山鶏もも肉のチャーシュー・ゼレシュク・アーモンド・ピスタチオ・九条ネギ・半熟玉子。
ゼレシュクというのはイラン料理には欠かせないベリーの実なんだそうで、濃い赤のつぶつぶがそれ。

麺にはライ麦が入っているんだそうで、そのせいなのか麺の舌触りがザラッとしている。
そば粉が8割を超える日本蕎麦がちょうどこんな舌触りかなあ。
細麺かつ表面に起伏があるのでスープがよく絡む。

スープの表面には魚粉が薄く散らされている。
一般的な魚粉よりかなり荒い粉末で、主成分は鰹節だと思われる。
ゼレシュクと一緒にスープを口に入れたせいか、酸味が強くてスープそのものの印象があまり残っていない(;´Д`)
やっぱ柚子皮とは全然違う酸味だなこれは。

感動したのは鶏チャーシュー。
皮がパリッとしていて、肉は簡単に噛み千切れるほど軟らかい。
それにサフランの風味が抜群。
二切れと言わず片足分食いたくなる代物。
これはうまい(`・ω・´)b

大盛はなく、替え玉という形態。
でもスープをぐいぐい飲んじゃったんで追加せずに終了。
さすがに全然足りないわ(;^ω^)


量も味も店の雰囲気も、女性が気軽に寄れる感じ。
個人的には量がネックになるんじゃないかと思ってはいた。
替え玉するにしてもすぐにスープが薄まりそうなんで、複数回は無理がありそう。
サイドメニューも食べないと満腹感には遠い気がする(当社比)

こっち方面に用があったときに一食分扱いでちょっと寄る感じかな。
次は醤油味と豚のチャーシューで。




Bia Bia
東京都杉並区高円寺南1-6-6 吉川ビル1階
営業時間  11:30〜15:00/17:30〜22:00 ※スープ無くなり次第終了
定休日   月曜
座席     カウンター8席
最寄り駅  東京メトロ丸ノ内線『東高円寺駅』
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yankoh.blog66.fc2.com/tb.php/1015-adbccf5e