2014.03.07 麺屋きころく
バーミックス
【ばーみっくす】[名]
1268640576900.jpg

スイス製高性能ハンディー・フードプロセッサー。

(´・ω・`)ほすぃ・・・




3月4日(火)

連続新規開拓。
昨年1月オープンの"麺屋きころく"。

魚介と言えば「煮干し推し」な店が幅を利かせている昨今、この店は「鰹推し」であるらしい。
その鰹のみならず、国産小麦を使った麺やら低温調理したチャーシューやらいろいろやっている。

練馬駅近辺でラ食というと、最近は"濃菜麺井の庄"しか利用していないんで選択肢を増やしたかったところ。
さらに駅から少々離れているのでそれほど行列も出来なさそう。
当たりなら利用価値は高そうだ。

昼の部、開店15分後ぐらいに到着。
先客5名ほどで即着席。
 
 
140304つけ麺

つけ麺         700円
麺400g         100円
チャーシュー増量   200円



入店したらフードプロセッサー的な音が響き渡っていた。
スープは「ベジポタ」とのことで、どうやら提供前に砕いているらしい。
中には標準的なメンマとネギが入っている。
鰹推しなんだから魚介風味が優先と予想していたんだけど、スープ本体はむしろ動物系。

麺は標準が200gで300gまで無料。
+100円で400g、500g、600gが選択可能と結構な大盤振る舞い。
麺の上には削り節が乗っている。
色から見て全粒粉かな?
小麦の良い甘みが出てますな。

チャーシューは200円で2枚追加。
「コンフィ」という低温の油の中で調理する手法を用いた代物。
温めると低温調理の意味が無くなるんだそうで、ラーメンの場合は「さっさと食え」と注意書きがあるほど(;´∀`)
ジューシーでうまいんだけど、この時期は温めたい衝動に駆られる・・・

スープ割りはなにやら片手鍋で温めた物が入った。
たぶん鰹出汁だろうけどいまいち自信が無い(;´Д`)


スープがドロドロなんで、加減しないとスープがあっという間に無くなる。
ちなみにおかわりは有料で、1杯400円&半分が200円。
麺の方で還元してるし、ベジポタってことでおかわりの有料化は致し方ないところかなと。

うまいんだけど、つけ麺の方はそれほど鰹推しが感じられなかった(´・ω・`)
ラーメンの方が商品名に「かつお」を謳ってるんでそっちがメインなんだろうか?
油そばの評価が高いんでそれも気になるし・・・

少なくともあと2回は通うようだな(`・ω・´)



麺屋きころく
東京都練馬区豊玉中3-16-13 サンワコーポラス103
営業時間  平日11:30〜15:00/17:00〜21:00 土・日・祝11:30〜15:00/16:00〜21:00 ※食材売切れ次第終了
定休日   水曜日
席数     カウンター6席、テーブル4席×2
最寄り駅  西武池袋線『練馬駅』
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yankoh.blog66.fc2.com/tb.php/1016-635181b9