2014.07.24 R286
国道286号
【こくどうにひゃくはちじゅうろくごう】[名]
140613R286 (56)

起点:宮城県仙台市太白区宮沢橋交差点
終点:山形県山形市鉄砲町
距離:65.5km




仙台と山形を結び、平安時代から記録が残るという「笹谷峠」を越える。
その笹谷峠前後は冬季閉鎖になる区間で、御多分に漏れず狭隘路。
山形自動車道・笹谷トンネルが存在するため、有料道路ではあるが通年の往来は可能である。

東北酷道紀行2014、その2。
結局、R112と、このR286を走ることを基準に観光したり宿を決めたり、というのが今回の東北旅行。
R112完走後に山寺(立石寺)に行って、山形市内で残念なラーメンを食した後、宿泊地・仙台へ向かい走り始めます。

いつものようにGoogleマップ自作地図
新しいGoogleマップに慣れてなくて、自作地図作製に難儀しております(;´Д`)

では。
 
 
2014/06/13 13:29 終点:山形県山形市鉄砲町

140613R112 (171)_R

R112との交点でありR348の終点でもある。



140613R112 (172)_R

そのわりに交差点に名前がないのよね(´・ω・`)

見ての通り終点からの逆走になります。



140613R286 (4)_R

まだ山形市街のR13の陸橋を潜った時点で既に山へ向かう感満載。



140613R286 (10)_R

山形自動車道、山形蔵王I.C前を右折。
県境までまだ十数kmあるこの時点で山形県に別れを告げられてしまう。
まあ普通の人はここで山形自動車道に乗るんだよねえ(;´∀`)



140613R286 (17)_R

そしてほどなく、山形自動車道・関沢I.C付近。
直進があからさまに怪しい雰囲気。



140613R286 (18)_R

その雰囲気のままに山形県側閉鎖ゲート。
冬季閉鎖期間は関沢I.Cから乗らないと仙台に行けないので、I.Cとゲートはセットで設置されているようだ。



140613R286 (19)_R

にしても、やっぱ酷道の入口はいいね!ヽ(*´∀`)ノ



140613R286 (21)_R

狭いぞ!ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

R112で味わえなかったからなおのこと。



140613R286 (28)_R

つづら折りの段差も素晴らしい(*゚∀゚)=3



140613R286 (32)_R

崩れかけてるし( ̄ー ̄)



140613R286 (34)_R

酷道の証、「警笛鳴らせ」も存在確認(`・ω・´)ゞ



140613R286 (39)_R

そして笹谷峠。
ここから宮城県。



140613R286 (36)_R

斎藤茂吉の歌碑。



140613R286 (37)_R

「有耶無耶の関」とか観光スポット案内図。



140613R286 (42)_R

この日はやたら風が強くて、峠から太平洋がはっきり見えた。
つまるところ、山を下りたらすぐ仙台ってことです。



140613R286 (48)_R

宮城県に入ってもさほど状況は変わらず。
ワイヤーガードは豪雪地帯の証。



140613R286 (51)_R

山形自動車道・笹谷I.C手前に宮城県側閉鎖ゲート。
仙台側から撮影してます。



ここからは快走路。
ひたすら仙台を目指します。

140613R286 (71)

デジカメの解像度をいじったことを忘れて小さいサイズで撮影しちゃったんだよなあ(´・ω・`)
釜房ダム付近。
ちなみに重力式コンクリートダム。



140613R286 (73)

これまた酷道にありがちな風景。
有料道路とはいえ立派なトンネル出来たんだし、一般道改良してもねえ(;^ω^)
しかもまともじゃないの笹谷峠区間だけなのよね。



140613R286 (85)_R

仙台じゃこんな立派な道路です。
上を走っているのは仙台南部道路。
(画質戻りました)



140613R286 (90)_R

市街地でさらに車線増。



140613R286 (92)_R

市街地に入れば目的地はすぐそこ。




2014/06/13 15:33 起点:宮城県仙台市太白区宮沢橋交差点

140613R286 (93)_R

左折3車線の右折禁止。



140613R286 (94)_R

酷道経由でもわずか2時間。
山形道使ったら1時間掛からんなあ(;・∀・)





短いながらも楽しい道のり。
特に笹谷峠からの眺めは天候や環境に恵まれればなかなかのもの。
ちょっと離合しにくいけど、知らずに突入してもそれほど困惑しないと思います。
地元の人は普通に使ってそうだな。

そんな初心者向けでも、酷道である以上お約束はこなす。

我を阻む者無し!


※もし興味を持たれた場合は十分な走行経験を積み、入念な下準備
  決して無茶はせず安全運転を心がけましょう
  酷道走行は自己責任でね (=^ω゚)ノ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yankoh.blog66.fc2.com/tb.php/1075-e9b67c4c