勝ち鬨
【かちどき】[名]
1412231350919.jpg

戦いや競技に勝った時にあげる鬨(とき)の声。凱歌。

あんな魂込めたガッツポーズ久しく見た記憶無いわ・・・




例年だと地元のことしか書かないんだけど、今年はなあ・・・

昨年、一昨年と獅子奮迅の活躍をしてくれたユニバーサルエンターテインメント"中村萌乃"が不参加(´A`)
昨年末の『全日本実業団女子駅伝』を故障欠場していたんだからこればかりは仕方が無い。
毎年来てもらっているワコール"箱山侑香"は、その『全日本』でトップと1分以上空けられる1区24位と大ブレーキ。
お越しいただいても大学生のほうが好調でして・・・と案の定の先発落ち(´A`)

結果、現役学生のみのメンバー構成。

このところ実業団と大学生の差はほとんど無いってことではあるけど、単純に他のチームとの戦力差は如何ともし難い。
昨年の順位をキープすることすら覚束ないというのが今回の状況(´A`)

郷土愛的には甚だ残念である(´・ω・`)
しかし純粋な駅伝ファンとして、レース自体は近年まれに見るおもしろさであった。
 
 
事前に発表されたエントリーリストで戦力を鑑みるに、「群馬」「愛知」「大阪」「兵庫」が抜きん出ていた。
次いで「京都」「神奈川」あたりかなと。
「京都」は連覇が期待されて優勝候補に挙げられてたけど、個人的には駒が一枚足りない印象。

でもまあ、この6チームで序盤から上位争いするんだろうと思っていた。
ところが、1区で「大阪」"大森菜月"、「京都」"菅野七虹"、「群馬」"筒井咲帆"がいきなり出遅れる。
立命館最強世代ツートップがここまで他の選手に先行を許すとか夢にも思わなかったんで呆然( ゚д゚)
「群馬」はさらに酷い1分遅れの34位とこれは致命的。
『全日本実業団駅伝』6区区間賞だから自信を持って送り出したんだろうけどねえ・・・

1区の区間賞、「静岡」"安藤友香"は愛知・豊川高校の元エース。
卒業してから所属先選びで迷走してた感じだったんだけど、スズキ浜松ACで落ち着いたんかね?
しかし、あれだけ強かったのに都大路で区間賞獲ったことなかったんか・・・
ちょっとびっくり(;´∀`)

次に驚いたのが4区。
間違いなく「兵庫」"太田琴菜"の独壇場だと思ってたのに、その上を行ったのが「埼玉」"沼田未知"。
彼女は立命館大在学時に現・第一生命"田中ボス華絵"や現・資生堂"竹中理沙"と共に四天王とか言われてた時期もあったんだけど、在学後半は故障もあったのか大きな大会にはほとんど出場していなかった。
豊田自動織機に入って3年目、調子を取り戻したようで何よりである(*´∀`)
"太田"に勝ったってことは先輩の面目も保てたってことだしね。

そして最終区、ドラマは起きた。
でもあれ、「愛知」"鈴木亜由子"と「兵庫」"林田みさき"の追い上げも凄かったけど、「大阪」"松田瑞生"と「京都」"奥野有紀子"が牽制し合ってたからこそ起こりえたことでね(;´∀`)
追い上げて疲れてた"松田"はともかく、"奥野"はもっと前に仕掛けてなきゃダメだとは思った。
それでも手に汗握ったわなあ。

ゴールテープを切る「大阪」"松田瑞生"はここ最近見たことがないレベルで男前でした(`・ω・´)b
その後監督に抱きついて泣いてる姿との落差が凄いわ(;´Д`)
くるぶしの故障が再発してなきゃいいんだけど。

当然40数秒差を追い上げた"鈴木亜由子"が区間賞だと思ってたら、しれっとその上を行く「熊本」"前田彩里"にも驚いた・・・
入賞狙いはわかるけど、どうやってモチベーション保てばあの位置で最速タイムが出せるんだよ!?
恐ろしい娘だ(;´-ω-`)


といったわけで長野県は結果16位。
まあそんなもんだよなあ(;´∀`)
中学生は全国駅伝2位の実績通り頑張ってくれたんだけどね。

それと、昨年の『名古屋ウィメンズマラソン』以来全く音沙汰のない天満屋"小田切亜希"ちゃんはいま何をしてるのか・・・
中学生以外、長野東高校の現役とOGだけで編成されたチームを見ると思い出さずにはいられない。
彼女がいなけりゃ今の長野県女子の姿はないんだから。

元気な姿が見たいです(´;ω;`)
 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yankoh.blog66.fc2.com/tb.php/1151-1c9f676f