avec
【あべっく】[名]
1196687809849.jpg

〔仏「…とともに」の意〕
男と女が二人連れであること。二人連れの男女。
アベック優勝はアベックでいいんだね。
カップル優勝とは言わんもんな(;´Д`)




箱根でゆったりしてたんでリアタイ視聴できず、今頃書いてます。

例によって、事前の戦力分析。
「広島」が頭一つ抜きん出ているかなと。
高校駅伝優勝の世羅高勢。
5,000mと10,000mで従来の日本記録を更新しながら記録保持者になれなかった悲運の男、旭化成"鎧坂哲哉"。
次期エース候補と大八木監督も期待する、駒澤大学"工藤有生"。
全く隙がない。

対抗は"設楽啓太・悠太"兄弟と"服部翔太"を擁するディフェンディングチャンピオン「埼玉」なんだろう。
でも高校生が3人走るとなると、大会新記録で優勝した今年の世羅には抗しがたい。

開催地「広島」、第一回大会以来の優勝か?

と、思うじゃん m9( ゚д゚)
 
 
ところが、区間エントリー発表で状況が一変する(女子でも似たようなこと言った気が・・・)。
"鎧坂"が、さらには世羅高エース"新迫志希"が故障で出場せず Σ(゚Д゚;)アラマッ
それでも、中国電力"北魁道"がいるし、世羅高勢も"新迫"に頼らずとも個々にエース級なので、優勝候補であることに変わりはない。
しかし、他チームとの戦力差が縮まったのは間違いない。

「埼玉」も『ニューイヤー』で絶好調だった"設楽悠太"が控えにまわった。
こうなると有力所の戦力はドングリの背比べで、優勝争いは混沌として全く見えなくなった(;・∀・)


で、結局勝ったのは「愛知」だったわけです。
まあね、『ニューイヤー』で優勝したトヨタ自動車から二人出てましたよ。
でも、「上位には来るだろうなあ」、ぐらいなもんでね。
まさか全国駅伝に出てない高校生があんなに強いとは(;^ω^)
駅伝だけじゃなく、インターハイとかの情報もつぶさに見ないとダメだな・・・

『都道府県対抗駅伝』男女アベック優勝は史上初。
しかも、女子アンカー・日本郵政"鈴木亜由子"と男子アンカー・"山本修平"は同い年の幼なじみときたもんだ。
優勝インタビューでその辺のコメントしてる"山本"を見て何故か、

リア充爆発しろ!

って、口を突いて出たね。
嫉妬でもしたのか俺は(;´-ω-`)


さて、郷土愛。
今年度最速高校生、佐久長聖"關颯人"が実力通りの5区区間賞ヾ(*´∀`*)ノ
表彰台まで順位を押し上げたものの、最終順位は5位(´・ω・`)

でも頑張ったと思うな。
正直ここまで上の順位とは予想してなかった。
というか、個々の区間順位だけ見てみるとこの結果は信じられない。

3区の東海大"春日千速"は区間16位なんだけど、通過順位的には二つ落としただけ(4位→6位)。
6区の中学生は、区間41位という状況で落ちた順位は一つだけ(3位→4位)。
もっとガクッと落ちてもおかしくないのに粘った形になっている。

これにはやっぱり理由があって、3区は区間賞から41位までが1分以内。
6区に至っては区間賞と最下位のタイム差が53秒しかない。
これほどに、各チームの戦力は拮抗していたわけだ。


結果を知った上で録画視聴だから落ち着いてたけど、ライブで見てたら7区アンカー・日清食品"矢野圭吾"が「埼玉」抜いたときとか滾ったんだろうなあ・・・
でも"矢野"は『ニューイヤー』でやらかしてるし、胃が痛かったりしたんだろうか?

やっぱこういうどう転ぶかわからないレースはリアタイ視聴に限るな(´・ω・`)
 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yankoh.blog66.fc2.com/tb.php/1309-711ce45b