2016.02.02 大塚屋
復活の呪文
【ふっかつのじゅもん】[名]
1199881763789.jpg

『ドラゴンクエスト』シリーズにおいて「冒険の書」が導入される以前のファミコン版、『ドラゴンクエスト』・『ドラゴンクエストⅡ』で採用されていたパスワードによるコンティニュー方式。

「じゅもんが ちがいます」は現30~40代のトラウマ。




1月26日(火)

昨年の8月末、3店舗同時閉店でラヲタに衝撃を与えた"麺処くるり"。
店主曰く、自分で厨房に立って一からやり直すとのことだったが、宣言通り、本店跡地で営業を開始した。
営業開始は2015年9月4日。
つまり、閉店宣言の4日後。

速っ(;^ω^)

一応3ヶ月ルールを適用して今頃の訪問と相成った。
メニューは引き続き味噌専門。
ただ、"くるり"と違い、辛味噌専門になった。

店名は"大塚屋"と言うらしい。
「らしい」というのは、相変わらず店に看板が出ていないせいである。
おそらく、ビル入口にあるテナント個別のポストに店名が記されているはず。
今回は確認し忘れた。

開店15分前到着で、先客1名。
 
 
券売機のボタンは「辛味噌らあめん」「辛味噌つけそば」「麺大盛」「ご飯」「味玉」の5種類のみ。
シンプルだなあ(;・∀・)

160126辛味噌らあめん_R

辛味噌らあめん   750円
麺大盛(300g)     50円



ノーマルだと麺200g。
かつての大盛無料を思い出すと足りる気がしない。
50円で100g増というのもお得感がある。
まあ今回は御祝儀だな(;´Д`)

店内も食器類も旧店舗の物をそのまま使っている。
トッピングは2~3cm角ほどのキューブ状のチャーシュー数切れと、ラー油をかけたネギ。
以上。
メンマは消失した。

辛味はあらかじめ味噌と合わせて、辛味噌として調味料化しているようだ。
発酵食品に混ぜてあるせいか、色のわりに辛くない。
スープの粘度は、固形物とは言わないまでもかなりのドロッと感。
"くるり"が良かった頃を思い出す。

麺は全く変わってないな。
やや平たい太縮れ麺でスープとの絡みも良い。


まあ当然なんだけど、正統に"くるり"の系譜。
辛味と言っても激辛とはほど遠いので普通に食える。
ただ、食後がなんか物足りなかったんだよなあ(´・ω・`)
コクがないというか脂感が薄いというか・・・
赤みでよくわからなかったけど、昔より背脂が少なかったりするんだろうか?

でもまあ、これなら定期的に通うに値する味だ。
復活ありがとう!ヽ(*´∀`)ノ




大塚屋
東京都新宿区市谷田町3-2トゥービル1階
営業時間  11:00〜15:30/17:00〜21:00
定休日   日曜日
座席     カウンター7席
最寄り駅  JR総武線他『市ヶ谷駅』
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yankoh.blog66.fc2.com/tb.php/1310-ea47837c