布石
【ふせき】[名]
1189725495208.jpg

1.囲碁で、序盤に全局的な構想に立って石を置くこと。また、その打ち方。
2.将来のためにあらかじめ整えておく手はず。

であってほしい(´・ω・`)




まず、何故『名古屋ウィメンズマラソン』を現地観戦に行ったかと言えば、

天満屋"小田切亜希"ちゃんが出るから。

これ以外の理由はない!(`・ω・´)

ただ直前まで、まさか出るとは思ってなかった。
確かにエントリーリストに名前はあった。
でも調整レースであるはずの『丸亀ハーフ』がDNSだったんで、出ないと思っていた。

"福士加代子"の件もそうなんだけど、「エントリーリストに名前がある=出場する」じゃないんだよな。
騒動の課程で「おそらく出ないな」って雰囲気になった直後にリスト公開されたとはいえ、そりゃ名前はあるさ。
エリートランナーだからって「じゃあ出ます」「はいそうですか」とはいかない。
事前に申し込みが必要だし、その締め切りは結構前な訳で、「出場判断は登録後」なんてザラだ。
それなのにリストに名前があっただけで「"福士"は『名古屋』に出る」って報道されてて、もうね。
週刊誌ならいざ知らず、大手新聞社まで言い出した日にゃ「馬鹿じゃねーの?」としか・・・

話が逸れた(;´∀`)

そんな状況ではあったものの、「まさか」もあり得ると思って検索をかけていて正解だった。
 
 
東海テレビの大会HPに、出場選手インタビュー動画がUPされていて、その中に"亜希"ちゃんがいたのだ。



曰く、「今年最大の目標は『名古屋』で、『さいたま』はその練習の一環として走った」

ホントっすか?(;・∀・)

同一年度にマラソン3回走るって、実業団所属選手的にどうなんだろうか・・・
そこも含めて出ないと踏んでたんだけどなあ(;´-ω-`)

まあとにかく行こう。
交通規制が掛かる前に名古屋入り。

160313名古屋ウィメンズマラソン (1)_R

ナナちゃんもマラソン仕様。



160313名古屋ウィメンズマラソン (2)_R

足下、ご丁寧にNIKEかよ!?



町を挙げてのお祭りムードである。

前の記事でも書いたとおり、スタンバったのは3度選手が通る「日銀前交差点」。

160313名古屋ウィメンズマラソン (3)_R



20km表示付近。
時計はスタートまでのカウントダウン中。

5km毎の表示の後には給水所がある。

160313名古屋ウィメンズマラソン (5)_R



ゼッケンの下一桁の数字でテーブルが分かれている。
"亜希"ちゃんは№107なので、この7番のテーブル。

160313名古屋ウィメンズマラソン (6)_R



"小原怜"も№17なので同じテーブル。
手前の青い輪が"小原"用、その奥の黄色い輪が"亜希"ちゃん用。
共に天満屋の後輩からのメッセージ付き。
表はわかりやすくなってるけど、裏にもっと細かいことが書いてある。

インタビューでも言っているとおり調子は良くなかったようで、最初から先頭集団に付かず5km18分ペースぐらい。
20km地点の給水所も先頭から4分遅れぐらいか?
なんか終始苦しそうでねえ・・・
名城大学の後輩、ノーリツの"松山芽生"ちゃんも初マラソンで出場してたんだけど、後塵を拝する形になっちゃった(´・ω・`)

走っている姿を直に見られたのは良かったんだよ。
でもここで無理する必要あったのかなあ、とね・・・
素人考えですが(´-ω-`)


エリートがゴールした後、出場していた知り合いを20km地点で無事見つけてノルマ達成。
遅めの昼食をとるため地下鉄に乗る。
16時まで市内は交通規制なんで、電車移動が正解なんだな。

そして、名古屋に来たら食う運命。

160313名古屋ウィメンズマラソン (17)_R

160313名古屋ウィメンズマラソン (16)_R

冬季限定甘口イチゴスパ。
やはり敵ではないな( ̄ー ̄)
こっちのノルマも達成(`・ω・´)b


この歳になると、前日深夜出発でとんぼ返りする体力は無いわけで(;´∀`)
この日は名古屋泊。
出場したほとんどの女性達はこの日の内に引き上げるようで、宿は空いていた。

夕飯は、昨年秋の心残り。

160313名古屋ウィメンズマラソン (18)_R

海老入り。


翌朝、天候も優れないのでモーニングを食って撤退。
長野の山間部は雪になるとの予報だったけど、道の駅「甲斐大和」に寄りたいので、前回同様R19~R20のルートを選択する。

長野県大桑村あたりで雨が雪に変わる。
その後、木曽から伊那に抜けるR361に入ったところで景色が一変する。

道路まで積雪してますやん(;゚Д゚)・・・

気温が比較的高いんで凍ってはいないけど、ラフなブレーキ操作は死を意味する。
しかし、ちょっと標高が下がったらあっという間に周囲から雪が消える。

なんか境目が極端だな(;・∀・)

伊那谷は問題なく通り抜けたものの、高遠から杖突峠へ向かうとまた一気に積雪地帯に突入。

160313名古屋ウィメンズマラソン (24)

3月中旬の景色です(;^ω^)



この直後、杖突峠から茅野に降る北向きの斜面が、今回の旅のクライマックスでした・・・

ちょっと気を抜いたらコーナーで四輪流れて為すがまま(lll゚Д゚)
危うく側溝に後輪持って行かれるところだったよ・・・
四駆が恋しいなあ(´-ω-`)

甲府盆地から大月に上がったところでも道路に積雪があった。
でもそれが最後。

道の駅「甲斐大和」に寄るからR20ひた走ったけど、普段ならR411で奥多摩に抜けるんだよなあ。
あそこの標高考えるに、突っ込んだら洒落にならんことになってたかもなあ・・・
R139松姫トンネルも最初は考えたけど、あっさり断念しました。
そっちも標高が高すぎる(;´∀`)
一番低い大垂水峠を抜けざるを得ない。


マラソン観戦に往復しただけなのにエラく難儀した。
まあ積雪確認したところで素直に中央道乗れって話なんだけどね(;^ω^)
 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yankoh.blog66.fc2.com/tb.php/1332-a1c87dd6