2016.05.18 聖地巡礼
鈴菌
【すずきん】[名]
1412555295874.jpg

スズキのバイクばかり乗りついでいる人々の間で唱えられ始めた、同社製品の魅力を伝達していると称される物質。
スズキ車ファンになることを「鈴菌に感染する」などとも用いる。
特に「変態」とされるスズキならではの奇特な二輪製品が強い感染力を示すとされる。




東京近郊のバイク乗りが、免許取得直後にまずツーリングの目的地に選ぶのは「箱根」ではなかろうか?
東名高速から小田原厚木道路を使えば、箱根山の直近までストレス無く着ける。
海の景色を楽しむなら西湘バイパスも良い。
ワインディングを登り切れば芦ノ湖。
天気が良ければ富士山も臨める。

海、山道、湖に富士山。
片道およそ100km少々と気軽に行ける距離で、「ツーリングってこうだよな!」といった醍醐味を存分に味わえ、実に充実度が高い。


少なくとも自分が20代の頃は皆「箱根」を目指したもんでね。
昨今、若年層のライダー人口が減り続けてるし、そういった層との交流も無いので自信は無い。
まあ今の時代はよくわからんけども、長年ライダーやってるおっさん共は確実に箱根が好きだ!(`・ω・´)
 
 
と言いつつ・・・
ここ数年やたら足を運んではいるものの、はて、何年ぶりにバイクで向かうのやら(;^ω^)
トルネーダーで行ったことあったっけか?
そんなレベル(;´Д`)

所沢からであれば、圏央道から小田厚を経由することになるが・・・

使わん!(`・ω・´)

一般道大好きおじさんはR16→R129→R134という経路。
八王子バイパスが昨年秋に無料化されたのが地味に嬉しい。
平塚からのR134は、『箱根駅伝』の3区・4区で見慣れた景色。
二宮で、「ここがフリーザ様の!」などと一人(・∀・)ニヤニヤ

箱根町に入ってからは5区をなぞるべく、箱根新道を使わず温泉街へ。
駅伝中継定点カメラの位置をほぼ暗記している自分を確認。
通り過ぎるたびにテンションが上がる。
しばらく来ない間に変な楽しみ方覚えちまったなあ(;´Д`)

当然、芦ノ湖到着もこの位置。

160513箱根・十石峠 (2)_R

数々の名場面が脳裏をよぎりますなあ( ;∀;)

ちなみに裏はこうなってます。

160513箱根・十石峠 (1)_R

そりゃそうだ(;´∀`)

季節的に厳しいかと思ったんだけど、朝早め(8時)なせいか、かろうじて富士山が見えた。

160513箱根・十石峠 (5)_R

来た甲斐があったってもんだ( ̄ー ̄)v

芦ノ湖を後に、今回の目的地へ向かう。
と言ってもすぐ近く。
十国峠ケーブルカー乗り場。

160513箱根・十石峠 (13)_R

今回のツーリング最大の目的はこの角度で写真を撮ること。
あのOPは良いよねえ・・・
これが聖地だとわかる人は今期お友達(`・ω・´)b


残念ながら芦ノ湖を出た後、急に雲が出て来て景色が今ひとつだったんでケーブルカーには乗らず(´・ω・`)
ここから真っ直ぐ帰路につく。
帰りは箱根新道と西湘バイパスを使って時間短縮。
それにしてもまあ西湘バイパスの気持ちいいことヽ(・∀・ )ノ

ということで、13時には帰宅。
ツーリングは早出早帰りが原則です(`・ω・´)
楽しゅうおました。



ついでに、プロフィール写真をこのツーリングで撮ったものに変更。
ヘルメット新調したんでね、変えなきゃイカンと思ってて。
今回なかなか良いのが撮れました( ̄ー ̄)

160513箱根・十石峠 (8)_R

『箱根駅伝』、『バイク』、『酷道(国道ステッカー)』。

我が趣味のカオスっぷりの一端が出てて良いかなと。
まあ人様に語ってもあまり引かれない系列だけですが(;´Д`)

よろしくどうぞ。
 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yankoh.blog66.fc2.com/tb.php/1358-34a62f1e