2016.07.10 眞久中
Chomolungma
【ちょもらんま】[名]
1280878350029.jpg

世界最高峰「エベレスト」のチベット語名。

「山盛り」という意味で無料トッピングコールに採用しているラーメン店がある。




7月5日(火)

朝から社内アルバイト。
おそらく早めに終わるだろうと通し営業の店をチョイス。
駅からの距離的に真夏は足が向かなそうな"眞久中"で。

しばらく行かない間に「半豚増し」という選択肢が出来た。
これで前回のような肉々しさを回避して適量の豚が食えそうだ。

「小ラー」から「ラーメン」に名称変更になった食券と「半豚増し」を購入。
豚を減らしたので麺は400gで大丈夫だろう。
無料トッピングは「ヤサイ・ニンニク」と申告したところで、「マシマシ可」との案内を視認。
これも望んでいた物だヽ(*´∀`)ノ
喜々としてヤサイをマシマシに変更して貰った。

待つこと十数分・・・



160705ラーメン_R

ラーメン(400g)   750円
半豚増し       350円
ヤサイマシマシ・ニンニク





(  Д ) ゚ ゚
 
 
俺はナニを頼んだんだ(;゚Д゚)・・・
マジで我が目を疑った。

触れれば崩れそうな野菜と豚。
何故二重の丼なのかと言えば、下の器は取り分け用として存在している。
このまま食えるわけが無い。

丼に大量のもやしと豚を移す作業を遂行しつつ、何故こんなことになっているのか考えた。

・麺400g→店にもよるが"二郎"の「大」相当。
・半豚増し→"二郎"における豚増しと同等。
・ヤサイマシマシ→この状態は"野猿街道店2"で見たことあるような・・・

即ち、「大豚、ヤサイマシマシ」に限りなく近い。

とんでもないモン頼んじまったあああああああ!!!!!(>'A`)>


「事前に気付けよ!」という話もあるだろうけど、想定と違う点がいくつかあった。
まず、追加しない場合の標準の豚が以前より大きくなっていたこと。
2月訪問時の画像をご覧いただきたい。

160215小ラー_R

これじゃ少なすぎるから追加に走った。
しかし、今回の豚は追加4枚と合わせて計6枚。
全ての豚が同じ大きさだった。
この大きさなら2枚でも十分なんだよなあ・・・

さらに「ヤサイマシマシ」である。
標準の野菜増しでは足りないと常々思っていた。
「マシマシ=倍」と思うじゃん?
そう考えていたらコレだよ(lll゚Д゚)
3倍は越えてる気がする。


当たり前だが、申告制で注文した以上、残すなど許されるわけが無い。
少なくとも固形物は全てやっつけなければならない。
幸いにして、空腹ではあった。

半分以上の野菜と全ての豚を取り分けた後、底から麺をすくい上げる。
最後に野菜だけ残ってもわびしいので、豚含めバランスを考えながら食べ進める。

炙ってある豚が美味い。
総量はともかく、豚追加は正解かもしれんなあ。
麺減らしてでも豚は追加するべきか、次回への課題だ。

ヤサイマシマシは失敗と言わざるを得ない。
ほぼほぼもやしであることと、さらに水が出たせいかスープが薄い(´・ω・`)
塩分と言うより出汁感が薄まったのが特に痛い。
変な話だけど、飲み干すのは不可能ではあったんで、むしろ心残り無く残せてありがたかった。


結果、何とか出禁にならずに済んだものの、注文が失敗であることは間違いない(´・ω・`)
次回は足りないのを覚悟の上で抑え目にしないとイカンだろうなあ。
美味い状態でスープ飲みたいし。

ちなみにこの日は21時就寝。
身体の機能が消化することに集中したいらしく、それ以外のシャットダウンを要求。
凄まじい睡魔が襲ってきてですね・・・

まあ食い過ぎだわな(;^ω^)




眞久中
東京都新宿区早稲田鶴巻町555-101
営業時間  11:00~21:00(Lo 20:45) ※麺・スープ切れ次第終了
定休日   日・祝 ※祝日不定期ゲリラ営業あり
席数     カウンター10席
最寄り駅  東京メトロ東西線『早稲田駅』
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yankoh.blog66.fc2.com/tb.php/1379-d9e9ce11