大事を取る
【だいじをとる】[成句]
1200301219944.jpg

無理をしないで用心する。慎重に行動する。

走ってくれるのは嬉しいけど、痛みがあるなら無理せんでも・・・ってのは素人考えなのかね(´・ω・`)




初開催の昨年は『リオ五輪』代表選考レース。
今回も、来年開催の『世界陸上』ロンドン大会の代表選考レースである。
が、これまた昨年同様、国内招待選手に一線級が全くいない(´-ω-`)
やはり2週間後に控えた『全日本実業団女子駅伝』を優先するということだろう。

レース前、「代表を狙う」といった趣旨の発言をしている選手は複数いた。
でもねえ・・・
ユニバーサルエンターテインメント"那須川瑞穂"はここ最近記録が振るわない。
"吉田香織"にしても、大幅に自己ベストを更新しなければ代表入りは難しい。
それに、失礼だが二人とも年齢的に・・・(;´-ω-`)
今治造船"関野茜"、天満屋"小田切亜希"あたりが突然確変でもしないかぎり、このレースからの代表選出はないだろう。

というのが一般論。

そう、"亜希"ちゃんがまたさいたまで走るのである。
代表選出どうのこうのなんぞどうでもいい。

沿道で応援するのだ!(`・ω・´)
 
 
昨年の経験と、さらにコース変更もあったので選手を追いかけての移動はスムーズ。
・・・だと思ってたんだけど、スタート地点から100mほど先で通過を見届けてから浦和美園駅への移動に1時間近くかかってしまった(;゚Д゚)
結果、15kmポイント通過を見逃し(´・ω・`)
武蔵野線と埼玉高速鉄道の本数がなあ・・・

同じ立ち位置で中間点の通過は目視確認。
28km通過も見られるんだけど、それを待ってたらゴールに間に合わない。
一目見ただけで再びSSAに戻る。

ゴール地点では観戦させてもらえないので、その手前、北与野駅の高架下で"亜希"ちゃんを待つ。
苦しそうだけど、しっかりした足取りでゴールに向かっていきました。

結果:2時間45分56秒

ラジオの実況によると、故障明けでまだ足に痛みがあったとのこと。
本人もレース後、「低いレベルではあるけど現状の力は出せた」と割り切った様子。
目標は来年の『名古屋ウィメンズ』だそうです。

また行くかな・・・


さて、一応レース結果について。
昨年の5km17分30秒というやる気が感じられないペース設定は問題有りと思ったのか、今回は17分ちょうど。
後半上げれば派遣設定の2時間22分30秒も可能なペースになった。
まあスタートからほんの数kmで日本人選手は全員下がっちゃったんですけどね(;^ω^)
それぞれの自己ベストを考えれば予想された事態ではある。
今回優勝の"チェイエチ・ダニエル"が2時間23分18秒なんで、このコースでもこういった記録が出るとわかっただけでも収穫かな。

レース後、先日陸連の「長距離・マラソン強化戦略プロジェクト」のリーダーとなった瀬古御大や、河野匡ディレクターがコメント。
『世界陸上』派遣枠を使い切らない可能性を示唆。

ただ、このレースで日本人選手が低迷するなんてのは織り込み済みだったわけで、心底嘆いているというよりはあらかじめ用意していた台詞を言ってただけだと思うんだな。
むしろ、この『さいたま国際マラソン』というレースの存在意義について触れなかっただけ気を遣っていたとすら感じた。
よほどの意識改革でもしない限り、今後も実業団は選手を出さないだろう。
加えて、レースの収支も芳しくないらしく、赤字分はさいたま市の負担。
参加を楽しみにしている市民ランナーには申し訳ないけど、旨味がなさすぎるんだよね。

このまま継続的に開催するのは難しいよねえ(´ヘ`;)


"亜希"ちゃんが間近で見られるのは嬉しいけど、なんとかならんもんかね(´・ω・`)
 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yankoh.blog66.fc2.com/tb.php/1437-52df6faa