あれよあれよ
【あれよあれよ】[連語]
1170092659993.jpg

事の意外ななりゆきに驚いたり心配したりするさまを表す語。




第一生命のオーダーを見て驚いた。
好調を伝えられていた"田中ボス華絵"の名が無く、長野東OG"佐々木文華"がアンカーに入っている。
"ボス"は膝を故障したらしい。
にしても、こう言っては何だが学生時代にこれといった実績のない"佐々木"がルーキーイヤーに本戦出場するとは考えてもいなかった。

最終6区。
前を行く1位、日本郵政とは17秒差。

詰めろ詰めろ詰めろ詰めろ詰めろ詰めろ詰めろ詰めろ
詰めろ詰めろ詰めろ詰めろ詰めろ詰めろ詰めろ詰めろ
詰めろ詰めろ詰めろ詰めろ詰めろ詰めろ詰めろ詰めろ
詰めろ詰めろ詰めろ詰めろ詰めろ詰めろ詰めろ詰めろ

TVで観戦しながら延々唱えてました。
応援でも祈りでもなく呪詛だなこれじゃ(;^ω^)

区間賞のヤマダ電機"西原加純"と3秒しか変わらない区間2位でも追いつけなかったんだからこれは仕方ない。
5,000mのベストは前を行っていた日本郵政"寺内希"より20秒ほど下回る。
タイムだけ見れば大健闘なんだよな。

お疲れ様でした。
このまま山下監督の下で伸びていって欲しい(`・ω・´)
 
 
今回、事前の優勝予想は諦めた。
有力所の戦力は拮抗していて、うまく嵌まればどのチームが来てもおかしくなかった。
でも日本郵政グループが創部3年目で初優勝とはさすがに(;・∀・)

失敗がない全員駅伝で勝ったことは間違いないけど、優勝の立役者は5区を走ったルーキー"鍋島莉奈"だと思う。
鹿屋体育大学OG。
3年生時、『日本インカレ』10,000mで優勝。
その年の『全日本大学女子駅伝』、『富士山女子駅伝』で連続区間賞。
最終学年時は故障があったようで本来の実力を発揮できなかったが、逸材なのは間違いない。

今年の春、彼女が日本郵政所属になったと聞いたとき、チーム力は格段に上がったと感じた。
長距離区間で計算できる駒が一人加われば、万が一"鈴木亜由子"、"関根花観"のどちらかが不在でも大崩れせずに済む。

それでもまあ、シード権獲得ぐらいか・・・
といった予想でしかなかった。

『全日本』予選の『プリンセス駅伝』じゃ"鈴木亜由子"不出場、"関根"も"鍋島"も振るわず、で一時本戦出場を危ぶまれる状況になったしね(;^ω^)
結局、若手に救われての本戦出場。
その若手は好調を維持したまま、そしてやらかした二人は本戦に合わせて見事に修正してきた。


ただ、圧倒的な勝利ではない。
他のチームは小さく細かく失敗していて、そのツケが終盤に影響した感じ。

日本郵政と同じくオリンピアン二人を擁する2位第一生命は、1区で微妙に出遅れ、2区で微妙に離され、3区が今ひとつ振るわず・・・
と、じわじわダメージを積み重ねていた。
おそらくマラソン練習をしている"田中智美"は、現状でベストと言える走りで勢いをつけたけども、それを"鍋島"が上回っちゃったんだなあ(´-ω-`)

3位ヤマダ電機も1~3区の遅れを最後まで引きずった。
こちらは地味ではなく、明らかに失敗(;^ω^)
"竹地志帆"と"石橋麻衣"って時点で前半型オーダーなんだよなあ。
前に出るどころか遅れちゃったらどうしようもない。

ユニバーサルエンターテインメントはよりにもよって長距離区間の3区"鷲見梓紗"と5区"和久夢来"がやらかした(;・∀・)
他の区間でリカバリーできるもんじゃない。
小出のおっさんが期待する孫二人がなあ・・・
なんとかシードは維持したけど、"中村萌乃"のゴールシーンはホクレンの希望を目の前で打ち砕くというセンセーショナルなものになっちゃってまあ(;´Д`)

デンソーは連覇どころかシード圏外。
去年の勝ち方を見ていると、"高島由香"分引いたにしても表彰台は維持できそうに見えたんだけど・・・
一度狂った流れを修正できずにズルズルと行っちゃった感じ。


そんなこんなで終盤まで優勝争いがもつれて、レースとしては大変面白かった。
豊田自動織機は不憫だけども(´;ω;`)

しかし、ここまで戦力が拮抗してるとリクルーティングであっさり戦力比が変わる可能性が高い。
最近は移籍も頻繁だし、刻一刻と状況が変わっていくなあ。

立命館の娘らの進路は気になるな( ̄ー ̄)
 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yankoh.blog66.fc2.com/tb.php/1445-bb7d8558