濡れ衣
【ぬれぎぬ】[名]
1157521160914.jpg

『ニューイヤー駅伝』再現VTRにおいて、まるで中学入学時の"神野大地"をdisったかのように描写された"清田真央"かわいそうです(´;ω;`)




大会前に公表された長野県の登録メンバーを見るに。

『クイーンズ駅伝』第6区区間2位
第一生命・"佐々木文華"

『全日本大学女子駅伝』第3区(エース区間)区間賞
名城大学・"湯沢ほのか"

『関東インカレ』長距離二冠(5000m・10000m)、『富士山女子駅伝』第7区(山登り)区間賞
日本体育大学・"細田あい"

『全国高校駅伝』第1区(エース区間)区間賞
長野東高校・"和田有菜"

そして、長野東高校自体が『全国高校駅伝』で過去最高の第6位。
実績として、間違いなく長野県女子過去最高戦力だ。

これならイケる!(`・ω・´)

・・・と言いたいところだけど、この名簿は年末に故障した"ほのか"ちゃんの状況を反映してないんだな(´・ω・`)

やはり区間エントリー発表時には名前がなかった。
京都入りもしていないようで、代わりに大東文化大学"小口雪音"ちゃんが招聘されていた。

それでも"玉城かんな"ちゃんもいるし、近年稀に見る戦力であることは間違いない。
過去最高順位の更新おなしゃす!!(><)

と祈りつつ、リアタイ視聴。
 
 
まず、東本願寺のライブカメラを見るに、「これでやるの?(;・∀・)」という状況。
朝6時過ぎ、道路は真っ白だった。

数千人規模の雪かきで道路の雪はなんとかなったものの、雪が完全に止んだわけではない。
レースにどんな影響があるか・・・
でもまあ、雪国出身には有利なんじゃないかという希望的観測はしたよね(;´Д`)

事前の優勝予想は「群馬」、「兵庫」、「神奈川」、「千葉」、「京都」あたりが有力かなと思っていた。
実業団・大学生を満遍なく投入でき、かつ高校生が『高校駅伝』上位という共通点。
『高校駅伝』優勝校の「大阪」は、ダイハツ・"松田瑞生"以外全員中高生と厳しい状況。
昨年優勝の愛知も日本郵政・"鈴木亜由子"がいないので見劣りする。
長野県はなんとかこの辺に紛れて欲しい(`・ω・´)


長野の1区は長野東"松澤綾音"。
同じコースで『高校駅伝』区間賞の"和田"を使ってくると思っていたので意外だった。
長野的にはこの1区が最大の山場。
かなりの都道府県が実業団・大学生を投入してくるこの準エース区間でどれだけ粘れるか。

集団の右手(センターライン側)で状況を俯瞰するってのが長野県のいつもの戦術。
前の集団が上げたところで果敢に付いていき、結果区間16位でトップと29秒差。
十分すぎる。
だって2区は"和田"だから(`・ω・´)


"和田"は期待通り、区間3位の激走で10人抜き。
一気に6位まで順位を押し上げたヽ(・∀・ )ノ


しかし、3区の中学生が7人に抜かれ13位に後退(´・ω・`)
でもこの時点でもトップとは39秒しか空いていない。
上位は混戦だ。


4区の"細田"ちゃんは4人を抜いて9位で襷リレー。
『富士山女子駅伝』のダメージで足に痛みがあった中、頑張ってくれましたm(_ _ ")m
さすが日体大のエースだわ。


5区は"佐々木"・・・だけど、誰だお前!?Σ(・∀・;)
一瞬、同じ第一生命の"田中ボス華絵"かと見紛うボンバーヘッド&サングラス。
なんか『クイーンズ駅伝』の時より頭大きくねえか?(;゚Д゚)

そんな動揺をよそに、"佐々木"は吹雪の中を激走。
「第一放送車からうっすら見えるあの頭は!?」
視界が悪い中でも実にわかりやすい(;´∀`)
つまるところ、第一放送車から視認できる位置まで襷を持ってきたのである。

4人抜いて5位(区間2位)。

『クイーンズ駅伝』の走りは本物だったんだ・・・
大学時代にコレと言った実績なかったのに、ルーキーでアンカー任されたんだもんなあ。
実業団入って伸びたんだねえ・・・
おじさんは感動したよ(´;ω;`)


そんな感傷に浸っている間に、6区、長野東・"小林成美"が二人抜いて3位。

3位だと!?

区間9位ながら、前を行っていた「京都」と「千葉」が彼女を下回ってしまったので相対的に順位が上がった格好。

この娘、『高校駅伝』出てないのよ。
それで区間9位、まだ1年生とか来年楽しみだわヽ(*´∀`)ノ


7区、長野東・"村上愛華"は区間10位にもかかわらず5つ順位を下げた(´・ω・`)
"小林"と似たような位置なのに、巡り合わせよなあ・・・
ただ、トップとは差を詰めていて、襷渡し時点で18秒差。
ようは18秒内に8チームいることになる。
なんかイケそうな雰囲気。


そして、8区の中学生"高松いずみ"がやってくれた。
区間賞の快走で3位!(県勢初の獲得だと思う)
トップと5秒差!!
そしてアンカーは次世代の名城のエース、"かんな"ちゃん!!!ヾ(*´∀`*)ノ


・・・と、一瞬喜んだのだが、競うことになる面子を見てどんどん血の気が引いていった。

「千葉」、積水化学・"松﨑璃子"
「京都」、ヤマダ電機・"筒井咲帆"
「兵庫」、ヤマダ電機・"竹地志帆"
「神奈川」、ユニバーサルAC・"青山瑠衣"
「愛知」、ユニバーサルAC・"鷲見梓紗"
「岡山」、天満屋・"小原怜"
「福岡」、ユニバーサルAC・"木村友香"
「静岡」、スズキ浜松AC・"清田真央"

この、『日本選手権』上位常連のこいつらが1分以内にひしめき合った状態で10kmとか、いくらなんでも大学生には酷すぎる(lll゚Д゚)
さらに、どうも調子が上がらないようで・・・
フォームがちょっとおかしい。
普段より上下動がある気がする。

昨年は順位を落としてしまった"細田"ちゃんが言ってたんだけど、山登り用に調整しちゃうと平地が普段より走りにくくなるんだそうだ。
"かんな"ちゃんは『富士山女子駅伝』7区(山登り)区間3位。
あの上下動はどう見ても山対策の名残だよなあ・・・

あれから半月、もはやスペシャリストの"細田"ちゃんですらダメージ抱えてるんだから、"かんな"ちゃんも平気ではあるまい(;^ω^)
1分程度の差は問題にならず、後続にどんどん交わされ・・・


結果:10位("かんな"ちゃんは区間27位)

過去最高順位更新ならず_| ̄|○

いいところまで行ったんだがなあ・・・
最終区の襷渡しで上位チームにほとんどタイム差が無かったのが災いしたよねえ(´・ω・`)
10チームで「よーいどん」に近かったもんなあ。
群馬の"西原加純"が好調なら更に順位落としてたところだ。


それだけに、他人事として見る分には面白いレースだった。
駅伝100年の節目にその出発の地である京都が優勝と言うのもいい話だ。
ただ、この吹雪の中のレースは案の定賛否を呼んでいる。
開催反対派は主に「虐待」という方向性で議論している感じ。

でも雪まみれで走るのがビジュアル的にセンセーショナルだっただけで、走ってる選手はそう極端に寒さを感じてはいないだろう。
ってか、心底寒かったらそもそも動けないからね(;^ω^)
気温だけでいったらこのぐらいの環境で練習することは全然あり得るし。

路面をちゃんと除雪してくれたんだから開催して良かったんじゃないかと、個人的には思ってます。


しかし、長野県は実に惜しかった(´・ω・`)
今回好調だった高校生は1・2年生だから来年も残る。
"細田"ちゃんも"かんな"ちゃんもそれぞれの大学でエースとして残る。

名城大学卒業後、"ほのか"ちゃんは積水化学に入社するらしい。
各県、ふるさと選手は2名までなので、来年"佐々木"共々来てほしいと思う。

来年こそ最高順位更新じゃああああ!!!ヽ(`Д´#)ノ
 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yankoh.blog66.fc2.com/tb.php/1465-cb87a183