鼻に掛ける
【はなにかける】[慣用句]
1258475290570.jpg

自慢する。得意がる。




天満屋"重友梨佐"の復活というのは表現として正しいんだろう。
何はなくとも勝ったのだ。
陸連の掲げたネガティブスプリットもまあ及第点。

でも15km付近まではどう見ても不調だった。
ペースメーカーの暴走を見て自重したわけではなく、明らかについて行けてなかった。
それが、何が切っ掛けか突然スイッチが入ったように追い上げ始める。
"重友"がトップ集団に追いつく前にペースメーカーは抜けてしまったので、結果的に後半ハーフは"重友"が一番速かったことになる。

つまるところ、完全にコントロールした上で出た結果じゃないのさ(´・ω・`)
本来なら暴走してようがペースメーカーに付いていって、その上で後半ハーフを上げるのが理想。
そもそも最近のレースはペース変動が激しいんで、暴走気味ぐらいのほうが良い練習台とも言える。

ただまあ、こういう勝ち方をした意味は大きいと本人も手応えがあったようなので、それはそれとして。
『世界陸上』代表はほぼ手中にしたと思うんで、次に是非活かしてもらいたいです。


あとは、個人的に見所だったところ。
 
 
前半から積極的に、第一生命"田中華絵"が先頭集団に付いていた。
となれば情報もちょこちょこ出てくる。
「資生堂"竹中理沙"と第一生命"田中華絵"は立命館の同級生で・・・」

知ってた(`・ω・´)

現・豊田自動織機"沼田未知"も同級生。
この3人ともう一人の選手で「四天王」と言われていた。
一昨年までの『全日本大学女子駅伝』立命館5連覇の最初の優勝は彼女たちが4年生時のことだ。
在学時の愛称が「ボス」だったとのことで、未だに"田中ボス華絵"とか、勝手に呼ばせていただいている。

要するに、彼女の経歴について実況より情報持ってる優越感に浸りながらレースを見ていたんですよ(;´Д`)

で、実質初マラソンで3位、2時間26分19秒。

素晴らしいヾ(*´∀`*)ノ

山下佐知子監督も予想外という好記録。
学生時代から「速い」というより「強い」ってイメージだったんで、マラソン向きだったのかもなあ。
しかも、怪我で『全日本実業団駅伝』回避していたわけだから練習も万全じゃない状態。
伸び代はあると見たね( ̄ー ̄)

ロンドン代表は無理っぽいけど、『東京五輪』に向けて本格的にマラソン転向を期待したい。


立命館と言えば、豊田自動織機"小島一恵"がこのレースのハーフの部をもって引退とのこと。
放送でこの情報がもたらされたときはしばし絶句した( ゚д゚)

"田中"と"竹中"の2年先輩。
在学中はロードで無敵を誇った。
実業団でも期待したんだけど、度重なる故障がねえ・・・
実業団に入ってからまともに競技できなかったもんなあ(´・ω・`)
潮時と言えば潮時なのか。

お疲れ様でしたm(_ _)m

ただ、引退後は結婚するとのめでたい話。
お相手は有名選手らしいけどまだハッキリしない。
まあいずれ増田さんが情報提供してくれるだろう(;´∀`)



そんな今回の解説陣が実に豪華。

増田明美
有森裕子
高橋尚子
千葉真子
さらに、野口みずき


その昔、高橋尚子が解説を始めた当初は増田さんと意見が合わないことが結構あったように思う。
でも最近は実に仲が良い。
なんか代表選考で揉めた時とか二人のキレどころが同じなんだよね(;´Д`)
共闘している感さえある。


有森は相変わらずの毒舌家。
中間点過ぎまで"吉田香織"が先頭集団にいる様を見て、

「ちょっと驚いてるんですけど」

とか、言い出すし(;^ω^)
まあ個人的にもそう思ってたんで我が意を得たりと膝を打ったんだけども。


本格的な解説は初めての野口みずきだけど、落ち着いた語り口調で聞きやすかった。
今後も解説やるのかな?
割と期待してます。



今回はこんなもんかな。
次は『名古屋ウィメンズ』・・・だけど、その前に『丸亀ハーフ』をチェックせねば(`・ω・´)
 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yankoh.blog66.fc2.com/tb.php/1473-9fa31d1c