downsizing
【だうんさいじんぐ】[名]
1242547780315.jpg

1.機器などを従来のものより小型にすること。
特に、大型の汎用コンピューターに代えてワークステーションやパソコンを採用すること。
2.企業など団体や組織が人員やコストを削減すること。




前にチラッと触れたように、トルネーダー(HONDA・VTR1000F)を手放し、新車を購入した。

新車はこちら。

170318Z125PRO (1)_R


Kawasaki Z125PRO

トルネーダーと比較して、

排気量 1/8
馬力   1/10
車重   1/2
燃費   4/1

立派な原付二種です。
 
 
2月に入ってから「ランニングコストに見合った乗り方してないな」等と今更な事を考えたのが始まり。
バイクを所有していること自体がそもそも道楽なのである。
ランニングコストもへったくれもないのだが、どうにもいろいろ持て余し気味だなと。

さて、どうしたものか?

以前、2年ほどバイクから離れていた時期があった。
でも結局大型車(トルネーダー)を買い直してしまったので、バイクから降りるという選択肢はとらないほうが良いだろう。

ランニングコストと言えば、このままトルネーダーを所有し続けると来年は車検だ。
時期的にタイヤも交換なんで、合わせて20数万円飛ぶことになる。

ん?

トルネーダーの下取りと併せれば40万弱か。
1年前倒しで支出したと考えれば125ccぐらいなら買えちゃうな・・・


( -ω-)y─┛~~~~~


買っちゃおうか?


こういうときの決断は結構早い。
車種もあっさり決まった。
Z125PROの新モデルが流通し始めて間もなかったんだな( ̄ー ̄)

で、行き付けの店で買い換え。


新車なんで慣らしが必要だ。
4,000rpm以下で800km、その後6,000rpm以下でさらに800kmの計1,600km。

ちなみにトップギア(4速)4,000回転で45km/hしか出ない。

片側二車線道路とか怖くて走れねえ(lll-ω-)

とにかく一段階目の慣らしは早々に終わらせたいが、それはそれで苦行だ。
なるべくストレス無くこなすにはルート設定に相応の工夫が必要だろう。
条件として片側一車線、かつ交通量が少ないこと。
それでいてそれほど時間をかけずに距離を稼げること。

・・・秩父だな(`・ω・´)

念のためR299をなるべく使わず裏道で登ることにする。
最大の要因は正丸トンネルで、あの中で45km/hは迷惑行為以外の何物でもない。

そんな経緯で奥秩父の三峯神社まで行った際の写真が冒頭の物。
さすがにそこまで行くと往復で200km近くなる。
距離は稼げるが時間もかかるんでホイホイ行けるもんではない。

秩父市街の食事処でいくつか行きたいところがあるんで、食事に往復する感じかな。
それでも1往復100kmにはなる。

3月末から4月頭に休みが集中してるんで、そこでなんとか800kmこなせれば・・・
これが終わらんと自由行動が出来ん(;^ω^)
ブログのプロフィール写真の更新もその後だわ。
 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yankoh.blog66.fc2.com/tb.php/1496-fd1e01a1