2017.06.19 R292
国道292号
【こくどうにひゃくきゅうじゅうにごう】[名]
170526R292 (59)_R

起点:群馬県吾妻郡長野原町新須川橋交差点
終点:新潟県上越市寺町交差点/寺町I.C
距離:124.3km(総延長)




国道の中では最も標高が高いところを通る。
かつて長野県の山ノ内町と群馬県の草津町を結ぶ区間は「志賀草津道路」として有料だったが、1992年に無料開放され一般国道となった。
それに伴い、国道最高地点もそれまでの麦草峠(R299)から変更となった経緯がある。
新潟・長野県境に一部未改良区間がある。


昨年の春に雪の壁を見に行ってやや空振ったR292である。
酷道っぽいのは明言されている未改良区間のみ。
草津温泉と志賀高原周辺は観光道路でもあり、整備された立派な国道だ。
現状の問題は、草津白根山の噴火レベル上昇に伴う交通規制か。


いつものようにGoogleマップ自作地図。

では。
 
 
2017/05/26 05:17 起点:群馬県吾妻郡長野原町新須川橋交差点

170526R292 (2)_R 170526R292 (4)_R

R145との交点。
この道の南側にR145八ッ場バイパスが走っており、このR145は旧道という扱い(国道指定は外れていない)。
そのせいか、信号もなく寂しげな雰囲気。
ここから北へ向かう。

170526R292 (6)_R

下はJR吾妻線。
上はr376の新規路線に架かる橋らしく、この時点では未開通。



170526R292 (11)_R

スタートしてすぐに中之条町に入る。
道幅は申し分なく、走行に支障はない。



170526R292 (12)_R

道の駅六合(くに)。
初見じゃ読めないやーつ(;´Д`)
この辺り、合併以前は六合村だったそうな。



170526R292 (13)_R

起点から10kmほどでR405との交点。
ここから草津へ向けて登り始める。
ちなみにR405はここが起点。



170526R292 (15)_R

九十九折りでセンターライン消失&舗装荒れ。
でも余裕で離合可能な道幅はある。



170526R292 (17)_R

草津町に入る。



170526R292 (19)_R

徐々に栄えてくる。



170526R292 (20)_R

信号が無い交差点で唐突な右折指示。
この先が観光の中心地になる。




2017/05/26 05:45 群馬県吾妻郡草津町草津交差点

170526R292 (23)_R

まさに街の中心。
このすぐ北側に有名な「湯畑」がある。

終点に向かうなら直進だが、左折してもR292である。
いわゆる盲腸線。
今回はこちらも走る。




2017/05/26 05:56 群馬県吾妻郡長野原町大津交差点

170526R292 (29)_R

草津交差点から10kmほど南下して、R145との交点。
起点から西に3kmほどの地点である。



正面に向かうとR292で草津。
右が旧道のR145(起点方向)。
真後ろはR145八ッ場バイパス。
つまり、南から八ッ場バイパスを直進すると、自然と草津へ向かうことになる。
八ッ場バイパスとR292の盲腸線は前橋・渋川方面から草津を目指す観光客のために整備されたものと思われる。

170526R292 (31)_R

その盲腸線。
人里はまあ普通の道路。



170526R292 (35)_R

山に入ると登坂車線存在する。
言うまでも無いが、観光バス等、遅い車に対する配慮。
写真は無いが法面も綺麗に整備、補修されている。



170526R292 (39)_R

群馬名物「メロディーライン」。
観光気分をかき立てますな(・∀・)



170526R292 (41)_R

街に近づくと歩道橋に大きな案内標識。
R292の正規ルートにはこんな案内は無かったぞ(´・ω・`)




2017/05/26 06:30 再びの草津交差点

170526R292 (42)_R

ここを左折して現道に戻る。
通行規制解除までにはだいぶ時間があるけど、閉鎖されている様も撮りたいので進む。



170526R292 (44)_R

草津白根山へ向け登り始める。
先ほどから見ての通り雨模様である(´・ω・`)



170526R292 (46)_R

志賀草津道路の料金所跡地に規制の案内。
実際の規制箇所はまだ先ではあるが、道路の左側は封鎖扱い。
でも通過は可能なので進んでみる。




その料金所跡地から4km少々。

170526R292 (48)_R 170526R292 (49)_R

白根火山ロープウェイ、山麓駅入口駐車場前が群馬県側の閉鎖箇所。

170526R292 (51)_R

標高が上がるにつれ、雨だけじゃなくガスが(;・∀・)・・・



ここで規制解除まで待っているのも味気ないので(トイレもないし)、草津の町中まで戻って時間調整。
盲腸線走行も含めてちょうど8時ぐらいになるように逆算したはずなんだけど、随分時間が余ってしまった・・・
まあ余裕がないより良いけれど(;^ω^)

その後、めでたく規制解除となって登り始めるものの・・・

170526R292 (52)_R 170526R292 (53)_R

前も後ろも右も左もなんも見えねえ!!!ヽ(`Д´)ノ

撮影しても面白みが無いし、そもレンズを遠方に向けるとピントが合わねえし|||l_| ̄|○l|||
どうしようもないのでそのまま突き進む。


2017/05/26 08:34 日本国道最高地点

170526R292 (56)_R

約1年ぶり。



170526R292 (57)_R

世界の全てが乳白色や(lll-ω-)



170526R292 (60)_R

長野県側の規制ゲート(渋峠)でも状況変わらず。



170526R292 (61)_R

しかも5月下旬に6℃てΣ(・ω・ノ)ノ




このままじゃつまらんので、昨年の画像でお楽しみください(一部再掲)

160426R292渋峠 (25)_R

草津側から渋峠方向。



160426R292渋峠 (22)_R

湯釜前付近(渋峠側から草津方向)



160426R292渋峠 (21)_R

山田峠付近。



160426R292渋峠 (3)_R

横手山。
これは長野県側から山頂方向。



といったわけで、晴れてりゃ良い景色なんだけどなあ・・・まあ仕方がない(´・ω・`)

気を取り直して、長野県側のゲート・・・と言ってもそこはまだ群馬県内で、そのすぐ先で県境を越える。

170526R292 (64)_R

降り始めるとかなりの勢いで視界が戻り出す。
結構雪残ってるなあ。



170526R292 (67)_R

道路も乾いてるし、長野県側はそれほど天候が悪くなかったらしい。



170526R292 (70)_R

志賀プリンスホテル。
名前とは裏腹に西武資本とは全く無関係。
数年前に経営破綻し閉鎖中。



170526R292 (73)_R

山を降るにつれて植生が変わって広葉樹が見え始める。

ちなみに道路はウィンタースポーツ客向けに整備されており、何の問題も無い。



170526R292 (76)_R

ここを右に曲がれば栄村や野沢温泉方向と簡単に言ってくれるが、結構な覚悟が必要な路線である。
国道じゃないんでレポはしないけども(;^ω^)



170526R292 (79)_R

実に順調。



170526R292 (83)_R

山下りの最後はループ橋で一回転(わかりにくい)。



170526R292 (85)_R

チェーンを外せるってことはほぼ平地ということ。

ちなみにこのチェーン着脱所が志賀草津道路の長野県側料金所跡。



170526R292 (88)_R

ニホンザルが入浴することで有名な地獄谷温泉を含む湯田中渋温泉郷。
何年か前に某狩猟ゲームとコラボして客集めたりしてましたな。



170526R292 (92)_R

快走路だわあ(面白いとは言ってない)。



170526R292 (94)_R

R403と重複する辺りで中野市に入る。
個人的に「中野」と言えばこの市のことで、上京してしばらく中野区って場所がピンと来なかった。

つまるところ、この辺りはほぼ地元。
一族郎党が散在してます(;´∀`)



170526R292 (96)_R

中野市中心部、片側二車線化。



170526R292 (97)_R

細々した道を一気にアンダーパスするという発想。
人口がそれほど多くない地方にしては豪華なんだよね。
やっぱ温泉とスキー場様々ですな。




この先にある陸橋(七瀬交差点)の側道に入って右折しなきゃならんのだけど。

170526R292 (98)_R 170526R292 (99)_R

直前の標識にはおにぎりの表示が無いんだよね。
いざ曲がるってところにはこれでもかって案内あるんだけど。
ナビ無しで目視のみだと見逃す可能性あり。

ちなみにこの七瀬交差点でR403との重複解消、再び単独。

170526R292 (102)_R

地図を見ていただくとわかるんですが、七瀬交差点からしばらく進むと長い直線道路が現れる。
その距離約4.5km。
奥行き感伝わるかなあ。



170526R292 (104)_R

北陸新幹線の高架を潜る。
まだ直進中。



170526R292 (106)_R

この千曲川(信濃川)に架かる古牧橋の数百m手前まで直線が続いている。

さて、予定では橋を渡った後、左からR117が合流してくるという認識だった。
でも標識におにぎりが無い。
というか、あからさまに訂正した跡があるじゃないっすか!?Σ(゚Д゚)

この件は後ほどまとめて。



170526R292 (108)_R

古牧橋を渡ると飯山市に入る。
センターライン部分に消雪パイプ。
雪国である。



170526R292 (109)_R

かつて上位国道たるR117が重複していたので、当然標識の表示はR117だった。
それが訂正されている。
おにぎりも国道番号部分のみ新調されていた。



170526R292 (111)_R

伍位野交差点を右折で今度こそR117と合流、重複。



170526R292 (113)_R

表示がR117だ。



170526R292 (115)_R

飯山市の郊外店舗群がこの道路沿いにある。
ありがちだが、市の中心部は寂れてしまっている感じ。



170526R292 (118)_R

ここを左に直進すると駅や役所がある。

この辺りの地名が静間と言うらしい。



さて、古牧橋を渡ったところで合流するはずだったR117の件まとめ。
簡単に言ってしまえば新道が完成したんで格下げになったのである。
上記画像の静間から中野市替佐というところまでの「R117替佐静間バイパス」が昨年秋、全線開通した。
それまでは静間から上信越道飯山I.Cまでの部分開通だったので、盲腸線の扱いだった。
全線開通により替佐に接続。
元々のR117替佐から伍位野交差点までは旧道となり、即刻格下げされたのだ。

半年も前のことなのに走行時に把握できなかったのは何故かと言えば、この記事を書いている段階(2017/06)時点でGoogleマップが訂正されていないからだ。
国土地理院地図はちゃんと更新されている。
走る路線以外は国土地理院確認しないもんなあ・・・

170526R292 (119)_R

気を取り直して(`・ω・´)

市街地への分かれ道を通り過ぎた後は、千曲川の西岸土手上を走る。



170526R292 (121)_R

左手に飯山シャンツェ。
・・・とかいうシャレオツな呼び名はいつからか?
昔は〇〇のジャンプ台って適当に呼ばれてたような・・・
その〇〇が思い出せぬ('A`)



170526R292 (123)_R

再び重複の迷走国道R403。
右から来たのではなく、正面から来て右に行く形。
で、山一つ迂回した挙げ句、先ほど重複した山ノ内町と中野市の境へ行くという・・・
つくづく面倒なルーティングだ(;^ω^)



170526R292 (125)_R

有尾交差点で左折。
ここからまた単独。

ちなみに真っ直ぐ行くと父の実家があったりする。



170526R292 (127)_R

左折直後にトンネル。



170526R292 (129)_R

トンネルを抜け、長野新潟県境を目指し山へ向かう。

ちなみにこの辺りに母の実家が(ry



170526R292 (132)_R

一応、富倉バイパスと称されており、そこそこな感じ。



170526R292 (134)_R

ちゃんとスノーシェッドもあるし。



170526R292 (136)_R

結構快適なんだよな。

長野県側は。



170526R292 (139)_R

問題はここから。

この路線唯一の酷区間。



170526R292 (143)_R

と言っても。
細くなってもすぐ戻り、の繰り返し。



170526R292 (144)_R

ほとんどの場所は速度落とせば離合可能だし。



170526R292 (146)_R

ヤバそうだったのは一二箇所程度。
それも離合以外は全く不都合無い。

新潟県内未整備区間2.8kmとなればこの程度ではある。



170526R292 (150)_R

人里に降りてくる。
r412との交点で左折。
と言っても見ての通り道なりな上、事前に標識もある。



170526R292 (152)_R

新潟県内にも消雪パイプはある。



170526R292 (155)_R

ここら辺が最後の降りかな。
妙高市は妙高山に由来する名前だけど、海も近いので市街地の標高は高くない。



170526R292 (161)_R

横町交差点。
左のr63を行くと旧新井市街。

ここからはただただ直進。




2017/05/26 10:14 終点:新潟県上越市寺町交差点/寺町I.C

170526R292 (165)_R 170526R292 (166)_R

170526R292 (167)_R

バイパス化しているR18との立体交差。
この交差点のやや南が妙高市と上越市の境で、終点だけが上越市にあるような形になっている。




新潟県境のあの程度では酷道とは言えないな。
ただ、当然ながら長野県飯山市から新潟県妙高市へ向かうに当たって積極的に使うルートでもない(;^ω^)

草津温泉・志賀高原・湯田中渋温泉郷へ向かうルートとしては景観も良いのでお勧め。
関越自動車道渋川伊香保I.Cから進入して上信越自動車道信州中野I.Cから帰るも良し、その逆もまたしかり。
唯一残念なのは、やはり草津白根山の規制かな。
あれが無ければ観光道路としては最高なのに(´・ω・`)

一部天候が残念だったけど国道趣味としてはこんなもんでしょう。
あとは旧志賀草津有料部分をバイクで走りたいなあ・・・
ただし晴天時に限るけど(;´-ω-`)
そんな奇跡が起きれば良いな。


てなわけで、

我を阻・・・
そもそも阻まれてないですね、今回は(;´Д`)



《余録》

ラーメンを連食しつつ新潟市へ向かったのは別記事の通り。
結局空振りに終わったが、朝ラーすべく"中華のカトウ"近くに宿を取った。
その宿の目の前が、酷ヲタにとっては結構重要な場所なのだな。

170526新潟 (56)_R

新潟市中央区本町。
目の前が交差点なのだが・・・



170526新潟 (52)_R

これよ( ̄ー ̄)

新潟市道路元標。



170526新潟 (51)_R

言われ云々。
まあつまるところ。



170526新潟 (54)_R

このように、この本町交差点を起点とする国道が5本、終点とする国道が3本もある。
国道を語る上では外せない場所なのだ。



170526新潟 (50)_R

でも、ポールで示されているのはこの2本だけ・・・
17号を差し置いて116号かよ!?

どれもいずれ走りたい。
なにせ宿が安くて便利そうだったもんで(;´Д`)





※もし興味を持たれた場合は十分な走行経験を積み、入念な下準備を。
  決して無茶はせず安全運転を心がけましょう。
  酷道走行は自己責任でね (=^ω゚)ノ

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yankoh.blog66.fc2.com/tb.php/1533-70222c26