【わらび】[名]
1299488799160.jpg

イノモトソウ科の常緑性シダ植物。疎林や日当たりのよい山地に生え、早春、先端がこぶし状に巻いた新芽が地下の根茎上から直立して生い出る。これを山菜として食用にする。




6月22日(木)

笛を吹いた帰り、トロンベにて。
随分前から店の存在は知っていた。
ってか、年に何度となく店の前を通るし、何なら開店準備段階から見てたし(;´Д`)
信州味噌を使っているとのことなので、寄るべきだと思ってはいた。

でも味噌ラー食いたいと思ったら"花道"行くのよね(;´∀`)

今回足が向いたのは、消去法という消極的な理由。
・21時過ぎに営業している。
・翌日出勤だから生ニンニクNG。
・帰宅途上で駐車場あり。
これらの条件を満たす店は何故かかなり限られる環境。
しかも短期間での被りがないとなるとねえ・・・

まあいい機会なので。
 
 
企業がチェーン展開しているタイプの店である。
店名の通り味噌ラーメン専門なのだが、注文時にラーメンに使う味噌の産地を信州、九州、北海道から選べる。
他の味噌専門店でも濃いか薄いか程度の選択システムはあったが、産地指定というのは初めてだ。
サイドメニューも基本の味付けが味噌になっており、いろいろ徹底している。

まあまずは信州味噌でしょうな。

170622野菜ラーメン_R

野菜ラーメン(信州味噌)   790円



カメラを忘れたのでスマホ画像。

上に乗っている茶色いそぼろ状の物は、揚げた長ネギ&ニンニクと挽肉の混合物。
表題の野菜は、もやし、キャベツ、ニンジンと山菜。
おそらくワラビだろうけど、特に指定もしてないのに山菜が乗ってるのは珍しいと思う。
トッピングはそれだけで、挽肉以外の肉類及びメンマの類いは無い。

信州味噌は「濃いめ」という扱い。
確かにスープにパンチがある。
麺は中太の縮れ麺で、ありがちな太麺ではない。
結構なコシがあるし、太麺よりスープが絡むんでこれはこれであり。

もう遅い時間なんで軽めに食べようと思ってたのに結構な量がある。
麺200g以上あるよなこれ・・・
チャーシューとか乗せない分他が多かったりするのかなあ。


そもそも「味噌にハズレなし」と思っているけれど、これはアタリなほうだ。
九州は麦味噌で甘めとか言われたら違いを試したくもなる。
味噌漬けのチャーシューとか味噌味の餃子とか、なんか極端だけど一度は食いたいなあ。

もっと早く食えば良かったぞ(´・ω・`)
今後は積極的な選択肢として考えよう(`・ω・´)




蔵出し味噌 麺場 壱歩
東京都東久留米市南沢5丁目18-47
営業時間  11:00~23:00(L.O.22:30)
定休日   無休
席数     38席(カウンター×8席、テーブル4人掛け×3、座敷6人掛け×3)
駐車場   駐車場あり・共有15台
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yankoh.blog66.fc2.com/tb.php/1535-70c97170