native
【ねーてぃぶ】[名]
1363941653437.jpg

ネイティブとも〕
1.その土地で生まれ育った人。
2.ネーティブ-スピーカーの略。




昨年9月の出雲・尾道以来旅に出ていない。
今年は『名古屋ウィメンズ』を観戦しに行かなかったのでなおさら間隔が空いた。

遠出したいんじゃああああ!!ヽ(`Д´#)ノ

すると、GWの前の週末が偶然3連休になった。
ここで行かねばいつ行くというタイミング。

問題は行き先である。
さてどうしたものかと思案していたら、弘前の桜が平年より1週間早い開花とのこと。
例年だとGWが見頃だから・・・ってつまるところちょうど良いのか!?ヽ(・∀・ )ノ
噂には聞くし一度見ておきたかったんだよね。
でも旅行と言えば国道も絡めたい身としては、4月下旬の東北は冬季閉鎖が多くてなあ・・・

などと思案している間に、世間でも開花予想を聞きつけてか弘前市内の宿がどんどん埋まっていく。

躊躇ってる場合じゃねえ!!ヽ(`Д´)ノ

早速宿を予約。
あとは国道か。
こうなると無理矢理にでも4月下旬に完走できる国道を見繕わねば!(`・ω・´)
 
 
当初、往路は一般道で行こうと考えた。
夜勤明けで帰宅して正午ぐらいに出発。
途中で車内泊しつつ、弘前着は翌日の昼過ぎぐらいと予想。
弘前の観光資源を鑑みるに、花見以外にすることないし(失礼)、到着はそんなもんで十分かなと。

その過程で、会津若松通過が18時ぐらいと判明。
ならその辺で夕飯だなと相成って、候補に挙がったのが"二郎"(`・ω・´)

しかし、午後着じゃ何かしたいと思った場合に余裕がなさ過ぎる。
実際、岩木山神社に行きたいと思い始めて時間が足りなくなる。

終始東北道だと日中寝て深夜出発パティーン。
しかしそれだと"二郎"に寄れぬ・・・

結局、折衷案として会津若松までは一般道(夕方着)。
食った後、銭湯に寄ってから磐越道経由東北道でどこかのSAで車内泊。
これなら"二郎"が食えるし交通費も節約だ(`・ω・´)


・・・とか、宿取ったり経路考えたりしてたのが3月下旬。
そう、その当時は開花予想が4月16日、満開が20日という話だった。
しかし、3月にあれだけ爆上げした外気温は4月になると鳴りを潜め、平年並み、若しくはそれ以下と全く暖かくらず・・・

特に東北が(;^ω^)

結果、開花は遅れ、実質平年並みに(;・∀・)
宿は取っちゃったんすよね・・・
行くしかねえか(´・ω・`)


岩手県内の紫波SAで車内泊し、大鰐弘前I.C.を降りたのが4月20日(金)の7時ぐらい。
そこからまずは岩木山の麓に向かう。
桜並木があって、見るなら朝が良いというが・・・

180420弘前 (1)_R

咲いてねええええええええ!!!!!!!!!ヽ(`Д´#)ノ

ええ、わかってました。
わかってましたとも。
覚悟の上で行ったんです(´;ω;`)

180420弘前 (2)_R

除雪してまとめた物とはいえ、この剣幕で雪が残ってるようじゃお察しだわな(´・ω・`)

180420弘前 (4)_R

朝だったこともあって岩木山は綺麗だったけども。
手前の樹が花を付けていればもっと画になったんだが(´・ω・`)

180420弘前 (5)_R

撮る物がなくて地面を接写し始める始末。

弘前市内ではこの日が開花予想日。
更に標高が高いこの場所で、花が咲いているわけはないのである(´・ω・`)
早々に諦めて岩木山神社へ向かう。

180420弘前 (6)_R

背後に岩木山。
神社の格として祭神はあるけど、そもそも岩木山そのものがご神体という創りだなこれは。
実際、奥宮は岩木山の山頂付近にある。

180420弘前 (10)_R

楼門。



180420弘前 (18)_R

拝殿。



ほとんどが江戸時代初期の建築。
見ての通り定期的に塗り替えしている。

180420弘前 (15)_R

創建が古いんで神仏習合やらなにやらで仏教様式の装飾ですな。

180420弘前 (26)_R

本殿。



参拝できないらしい(´・ω・`)
しかしまあ遠目に見ても絢爛豪華だこと。

帰り際におみくじを引いたわけですが・・・

180420弘前 (30)_R

「旅行」の項目に注目。



もっと早く言ってください(´・ω・`)


岩木山神社を後にして弘前市内に戻る。
桜並木で時間を費やせなかったので、ファミレスで一服して昼食まで時間調整。
注文を取りに来たお姉さんが完全に地元の人で、注意深く聞いてないと内容がわからない(;^ω^)
近くの席でお茶してる地元のおばちゃん達の会話に至っては理解不能(;・∀・)
青森にいるんだなあ・・・

さて、食事である。
旅行に来たなら地元の名物を食べるべきだ。
で、弘前の名物と言えば

林檎

長野県民としては「間に合ってますm(_ _ )m」としか申し上げようがない。
じゃあ他には、となるとあまり無さそうなんだよね(;^ω^)
グルメガイド見ても「地元の美味しい店」がほとんどで、独自性は薄い。
青森から新鮮な魚介は来るんだろうけど、「弘前で」となると違うじゃない(´・ω・`)
一応、夜は宿近くの郷土料理の店に行くとして、じゃあ昼はとなると・・・

まあラーメンでしょうな(;´Д`)

といった理由で"たかはし中華そば店"に行った次第。
そしてその後がメインイベント。

180420弘前 (64)_R

弘前城ヾ(*´∀`*)ノ

「やった咲いてた!」と思うじゃない?
でもこれ奇跡の一枚なんだよね(´・ω・`)
では改めて入口から。

180420弘前 (37)_R

外堀。



多めに見積もって三分咲きぐらいか?
そもそも勇み足だし咲いているだけありがてえ(-人-)

180420弘前 (42)_R

追手門を通って弘前公園内(城内)へ。
入ってすぐ右手が桜並木で・・・

180420弘前 (45)_R

咲いてねええええええええ!!!!!!!!!ヽ(`Д´#)ノ

結局、ソメイヨシノは咲いてても一分二分。
本丸近くにあった枝垂れ桜がたまたま咲いていたんで、城と桜を同じフレームで撮れたにすぎない(´・ω・`)

180420弘前 (52)_R

めっちゃ日当たりが良いところでこの程度。

180420弘前 (51)_R

ここの見所は散った花びらが堀を埋め尽くす「花筏(いかだ)」って景色なんだそうだけど、これじゃほど遠いですな(´-ω-`)

気を取り直して、城の見学をする。
何と言っても現存十二天守の一つである。
現在、石垣の修理のため「曳家」によって天守が移動している。

180420弘前 (61)_R

解体修理中の石垣。
元々天守はここにあった。

180420弘前 (66)_R

仮台座に乗ってます。
なんか下支えが薄いと迫力に欠ける気がする。
まあまさに「仮」だから仕方ないんだけども(;´Д`)

180420弘前 (74)_R

天守の移動経路。
『ブラ○モリ』でも詳しくやってたし、結構ご存じの方は多いでしょう。

180420弘前 (75)_R

さすがに補強無しでは無理だったようで・・・
まあ無粋だけどこれも仕方ないよなあ(´・ω・`)

工事期間中のタイムラプス動画は足を止めて全部見ちゃったよね。
やっぱ「曳家」って凄えなヽ(・∀・ )ノ


桜は咲いていないが、せっかく来たのだから公園内の散策。

180420弘前 (95)_R

何じゃこりゃ(;・∀・)

後で調べたら弘前でやってるクリエイティブプロジェクトの一環で出来たらしい。
テーマソングまであって、作曲は渡辺宙明先生、歌唱は水木一郎アニキと抜かりがない。


『弘前さくらまつり』はこの翌日21日(土)から開催。

180420弘前 (97)_R

既に露店は営業していた。
なんか規模がでかい。
露店のお化け屋敷の存在は知っていたけど実物見たの初めてかもしれん(;・∀・)

180420弘前 (98)_R

これも単体で露店だ。
凄いな(;゚Д゚)

180420弘前 (100)_R

平日だけど既に客で賑わっていた。
まだろくに咲いてないんだけどねえ(;´∀`)


一通り回ったんで引き上げようかと思っていたら頭上で爆音 Σ(´Д` )
何事かと見上げると・・・

180420弘前 (139)_R

ブルーインパルスですやん!!∑(゜∀゜)

これも後で調べると、翌日が本番だったそうな。

180420弘前 (144)_R

東京オリンピック的な何か。
案外風が強かったからなあ、すぐに流れっちゃって。

練習飛行とはいえ実施時間は告知されていたようで、外堀脇の弘前市役所屋上はカメラを持った見学者で埋まっていた。
まあ見たいよね(;´Д`)


やはり桜が咲いていなかった影響で時間が余ったので、もう一カ所寄ることにする。
五重塔が有名らしい光明寺最勝院へ。
弘前公園から十分徒歩範囲。

180420弘前 (162)_R

弘前で見た桜の中では、光明寺参道のこれが一番開花が進んでいた。
これだけでも来た甲斐があったわ(´;ω;`)

180420弘前 (163)_R

五重塔と枝垂れ桜も結構(`・ω・´)

それでもそんなに時間を消費できる規模でもなく、弘前市街地を歩いてみる。

180420弘前 (167)_R

弘前駅。

以前見た青森駅ってつくづくショボかったんだなあ(;´Д`)


この後、宿にチェックイン。
見繕っておいた郷土料理店に向かうと「本日貸し切り」との告知 Σ(・∀・;)
代案なんか考えてないぞ!?(;・∀・)

宿でもらったクーポンの居酒屋とかいろいろ回ってみたものの、いまいちピンと来ない。
そもそも下調べしていない状況で失敗したくもないしなあ・・・

結局、全国チェーンな店で夕飯を済ませちゃったんだよね(´・ω・`)
これが、ラーメン以外美味いと思えた食事が出来なかった最大の理由。
残念です(´・ω・`)


翌朝は朝5時半にチェックアウトして青森市へ向かう。
国道っすね(`・ω・´)b
当然これは別記事で。

その途上に朝営業しているラーメン店があれば寄りますわな。
これが"長尾中華そば"だった。


走った国道の終点は秋田市。
道の駅で昼飯食って土産を買う。
「きりたんぽ」と「いぶりがっこ」。
そう言えば弘前で土産買わなかったな・・・
結局消え物はりんごメインだからなあ。
りんごジュース飲んでアイス食ったから良しとするか(;^ω^)

帰路は途切れ途切れの日本海東北道と国道7号を使い、最終的に関越道に接続。
帰宅は22時ちょっと前。
素直に秋田道と東北道使えば2時間ぐらい早く着いたんだろうけど、これも旅路よ。
日本海に沈む夕日は良いものだった(`・ω・´)


最終的に。

総走行距離1640.7km
使用ガス量104.61ℓ
平均燃費15.68km/ℓ

花冷えを恐れてスタッドレス履きっぱなしだったにしては良い燃費。


次に行くなら花見のリベンジと言うよりは夏場に寄りたいかなあ。
岩木山の山頂からの眺めってどんなもんか興味あるんだよね。
今回はさすがにまだ冬季閉鎖中だった。

とりあえず遠出したい欲求は満たされたんで、良い旅でございました(`・ω・´)
 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yankoh.blog66.fc2.com/tb.php/1678-9a56aaaf