FC2ブログ
2018.06.05 麺処 一笑
ささきいさお
【ささきいさお】[人名]
1240880092128.jpg

言わずと知れたアニソン界の大王様。
今回は声優として出演されていた。
『ナイトライダー』好きだったなあ。




平成30年6月3日(日)

『宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち-煉獄編-』を見た帰り。
最近、友人がかなり気にしていたので思い出したように向かってみる。
やはり、昼間の南阿佐ヶ谷に用事は無いので足が遠のいていた。
一昨年の秋以来。
13時ちょっと前着で外待ち10名ほど。

来ない間にメニューにいくつか変更があって、基本のラーメンに「辛辛」と「バリカタ」が追加。
野菜の種類も増えていた。

180603バリカタらーめん_R

バリカタらーめん+カラベジ   790円
野菜大盛              80円



外気がかなり暑いので若干悩んだものの、野菜は前回課題にした「辣」の辛いヤツ。
辛さ控えめにもしなかった。
 
 
まずバリカタらーめんを素のままで。
麺は表題の通り博多豚骨を彷彿とさせるストレートな細麺。
食感も間違いなく硬め。
スープは変わらず"井の庄"譲りの濃厚豚骨で、言われてみれば博多豚骨をさらに濃縮したようにも思える。

ここに野菜を全部入れて混ぜる。
スープの粘度が高いせいか、細麺同士がくっついちゃって固まりとして動くものだから混ぜにくい。
一度野菜を下に沈めて、さらに麺を下に潜り込ませ、と2度ほどやってようやく均一になった感じ。

"中本"基準の辛さ度判定だと「5」か「6」ぐらいで結構辛い部類。
ただ、そんな辛さの中でも麺とスープの主張が激しい。
口に入れた瞬間は辛いんだけど、小麦の甘みとスープのコクがほぼ同時に来る。
「辛さの底に旨味がある」のではなく単純に「美味い物が辛くなっている」状態だ。

おかげで舌に感じる辛さほど冷却を必要とせず。
大きめのコップ2杯の水で完飲完食。
辛さ控えめにしなくて大正解ヽ(*´∀`)ノ


やっぱ美味えわ。
「辣」の辛さもちょうど良い。
方法論としてはらーめんを「辛辛」にして辛くない野菜を載せるというのもある。
でも"井の庄"純正の「辛辛」は山椒入ってたもんなあ・・・
下手なことはしないほうが良いか(;^ω^)

辛くないのも当然美味いんで、今後はその日の気分かな。
やっぱ新宿からの帰りに寄る感じで(`・ω・´)b




麺処 一笑
東京都杉並区阿佐谷南1-9-5
営業時間  11:00~16:00 ※スープ無くなり次第終了
定休日   水曜
席数     9席(カウンターのみ)
最寄り駅  東京メトロ丸ノ内線『南阿佐ケ谷駅』
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yankoh.blog66.fc2.com/tb.php/1699-813ae698