顔はやめな、ボディにしな、ボディ(に)
【かおはやめな、ぼでぃにしな、ぼでぃ(に)】[成句]
1263251730921.jpg

 『3年B組金八先生』1期第2話における、三原じゅん子伝説の名台詞
 「顔はやめなよボディボディ」という表現は"とんねるず"が広めた物で
 劇中実際使用された台詞とは異なる




今年、「何か忘れてるなー」とは思ってたんだけど
よく考えたら選手のデータブックを買ってない(´・ω・`)
出雲当日になって気付いても時既に遅く・・・

新入生の状況が全くわからんヽ(;´Д`)ノ

そんなこんなで
碌に資料もない状態ではあるけれど、レース前は

早稲田の2年連続3冠あるでぇ

とか思ってたわけです
だって去年の主力がほとんど残ってるんだもん
いくらタイム的に駒沢が驚異とか言われても、ここ数年ずーっとそんな話だし
「トラックはよくてもロードがダメ」が常態ですやん(まあそれでも十分優秀だけど)

華々しくシーズンスタートするんだろうなぁ・・・なんてね
 
 
でも蓋を開けてみれば東洋が優勝
これは正直びっくりしたΣ(゚Д゚;)

まず、何故早稲田は勝てなかったのかという話
4年生で主将の"八木"が故障してるとのこと
放送で聞いたニュアンスだと箱根すら危ういという印象
触れてなかったけど2年生の"志方"も登録すらされていない
加えて、3年生"佐々木"が本調子じゃなく、出場した"平賀"も不調気味
残念ながら"三田"は全盛期の輝きを取り戻せていない
元気なのはユニバーシアード金メダルの"大迫"だけ・・・

こりゃ勝てんわ(・ω・;)

最終区で駒沢"窪田"に躱されたのは結構ショッキングな光景
あの安定感抜群の"平賀"が東洋に追いつけないばかりか、抜かれるってなぁ
まあこれは東海"村澤"より速かった"窪田"を褒めるべきなんだろうけども


じゃあ何故東洋は勝てたのか?
当人達は「目指せ3冠!!」でモチベーションは高かったんだろうけど
個々人の持ちタイムはそう極端にいい訳でもないし
ただ、1区の"柏原"を除いて全員、早稲田の選手よりタイムが上という事実
しかもそれほどの大差はない(アンカーに至っては1秒)
"柏原"にしても遅れは20秒未満である

じわじわ効いてくる嫌な勝ち方だ(;´∀`)
やられた方は堪ったもんじゃない
まあそれぞれがキッチリ役割をこなしたってことなんだろう
でも実際のところ勝因は

わっかりましぇーんヾ(*´∀`*)ノ

いずれにしても、あまり「強い」という印象は受けなかった
これから距離が伸びてくるんで、その辺の安心感は圧倒的に"早稲田"だわな
さて、どうなることやら



その前にデータブック買わなきゃヽ(´Д`;≡;´Д`)丿
 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yankoh.blog66.fc2.com/tb.php/670-3736bf8d