銀魂
【ぎんたま】[作品名]
や

 『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2004年02号より連載中

 記事タイトルを銀魂風にしてみたってだけです(;^д^)
 「ここ数回はA○Eよりガン○ムしてるw」とか言ってはいけない




結構有名な話ではあるのだろうけれど
カルピス㈱がバターを作っているのをご存じだろうか?
そう、あの希釈して飲む乳酸菌飲料「カルピス」の会社である
どうもその製造工程でできる副産物的な商品であるらしい

しかし、出荷量の都合等で高級スーパーもしくはデパ地下ぐらいでしか扱っていない
あいにく近所にそういった店はなく、遠出して購入したところで帰宅までに溶けるのは目に見えている
通販で購入するという方法もあるけれど、送料が馬鹿馬鹿しい
何より、カルピスバターそのものが並のバターより遙かに高価なのである

というような理由で半ば購入を諦めていた
ところが、近所の西○が何をとち狂ったか店内改装を機に扱い始めた

キタ――♪ o(゚∀゚o) (o゚∀゚o) (o゚∀゚)o キタ――♪

しかし、この○友から自宅まで20分
夏場に持ち帰るのはなかなか難しい
指をくわえて待つこと数ヶ月

やっとバターが溶けない気候になりましたヽ(*´∀`)ノ
 
 
IMG_5070.jpg

 450g、1,400円
 およそメーカー希望小売価格通り



明○や雪○のバターが200gで300円台前半から中盤なので
グラムあたりの価格としては一般的な物のほぼ倍ということになる

「ケーキ作りに最適のバター」なんて言われてまして
拙いながらも菓子作りをしている人間には一種のあこがれだ( ;∀;)

IMG_5071.jpg

 高級品らしい包装
 乾燥剤(シリカゲル)も入ってた



IMG_5073.jpg

 一般的なバターより白い




とりあえず、バターの風味がストレートに出るスコーンにしてみた

IMG_5078.jpg

 自家用につき不格好



高級品=味が濃く・深い
と勝手に想像していたんだけど、むしろ主張は薄い
スコーンに仕立てたら小麦の味が前面に出てきた感じ
バター由来のコクはあるけども素材の味を邪魔しないとでも言うか・・・
間違いなく一般的なバターよりさっぱりしてる

それと、味には関係ないけどスコーンの下に敷いたキッチンペーパーに油分が染み出していない
普段なら置いていた時間だけ油染みができるんだけど
それだけ他の素材と馴染んでるって解釈でいいのか?(・ω・;)

次に、フレンチトーストに乗っけて溶けた物を直接味わってみたら、これも実にサッパリ
さすがにこれはバターの味が感じられたけど、やはり濃くはない
油分としてもくどさはなくて、変な話、溶けたバターを直に飲んでも胸焼けしないかもしれない


かつて、「味はバターで決まります」なんてコピーがあったけども
あれは調味料としてのバター味のことなのか、素材を活かすという意味なのか・・・
いずれにしても、カルピスバターはバター味が大好きな人には向いていないと思う
商品紹介にコメントしてるシェフ達曰く、あの特有のバター味は「クドい」という解釈らしい
でも個人的にはあの主張が濃い味も好きだぜ(`・ω・´)b

ということで、『特選カルピスバター』
理屈はわかった
でも、「うまいのか?」と聞かれると返答に困る
だって、味と風味が前面に出てこないんだもんヽ(´A`)ノ
「いい物」と「うまい物」は必ずしも同期しないと思うんだ(否定的な意味ではなく)

まあ、単に貧乏舌なだけなんだろうな(;´∀`)
他の使い方も試そう、金が続けば・・・
 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yankoh.blog66.fc2.com/tb.php/682-848bf30b