大穴
【おおあな】[名]
1200154767437.jpg

 1.大きな穴
 2.大きな欠損、多額の損失
 3.競馬・競輪などで、大きな番狂わせ




 私の記憶が確かならば・・・あれは平成4年の有馬記念
 シンボリルドルフの子"トウカイテイオー"の長期休養明け復帰戦
 道中、他の有力馬がテイオーを過剰に警戒
 結果、若手騎手山田泰誠のメジロパーマーが逃げ切り勝利

 そんなことを思い出した今日の名古屋

 遅ぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!! (#゚Д゚)

 "高橋尚子という重し"
 沢木のダンナはそんな表現を使っていた
 高橋だけを警戒した訳でもあるまいが、それにしても探りすぎ

 大阪国際2位の森本が25分台で、これが基準ではあったが
 今回の面子からすればこのタイムは問題外であったはず
 だからこそ大阪国際終了後すぐに"名古屋で"という話になった
 森本友 (´・ω・`)カワイソス

 そして探り合いの結果、北京を意識していた面々はレース後半次々と脱落していった

 後半の競り合いだけ見ればおもしろいレースではあったが
 五輪選考レースとしては不完全燃焼と言わざるを得ない
 やはり触れなければならない高橋尚子

 レース中、解説の有森裕子が笑いながら高橋を皮肉ってるように聞こえたらしい
 マジなのかネタなのか評判がよろしくなかった

 軽く擁護するが、元々有森の論評は辛口だ
 大阪国際で原"ダディクール"祐美子が体調不良で欠場した際も
 「選手としてきっちり合わせて来なきゃダメですね」と一刀両断 (;゚д゚)
 選手の個人事情など考慮していない
 話術として語尾に笑いが入るのが常で、その辺は改めるべきだとは思うが
 ・・・でも高橋のことは嫌いだな (;´Д`)

 ということで有森が皮肉るのもわからんではない
 シドニー以降、高橋は周りの期待に応えるためか実情よりも自分を大きく見せていた
 結果が出なかったレース終了後に「実は・・・」と言うことも多く
 これでは言い訳にしか聞こえない
 今回も9kmで脱落
 「変な言い訳はしてほしくないですね」ぐらい言いたくもなる

 あからさまに「夢」とか周りに迎合するようなコメントを出さず
 ありのまま受け答えをしていればこんなことは言われなかったんじゃないか?
 福士と足して2で割ってちょうど良いぐらいだ

 小出監督の下を離れてなにからなにまで自分で処理しなければならなくなった
 走りだけに集中できない環境
 どういう事情でそうなったのか未だにわからないが
 妙に肩肘張りすぎていたような気がする

 マスコミや日本人の高橋に対する期待も異常だ
 その点については同情を禁じ得ない
 だいたいアテネで金を獲った野口の立場は (´・ω・`)
 これも同情に値する



 今更だが、高橋は"走る"以外のことを考えて走ってはいけない選手なんだろう
 今まで勝ったレースも「楽しかった」と感想は述べていたが
 順位やその後の代表選考は"ついで"だったように思う
 むしろ「また走れるんですね (*^-^*)」みたいな

 今回も"マラソン人生の集大成"と言うのなら
 北京なんぞ意識せず自分の走りたいように走ればよかった
 どこか故障してるなら出場しなくたって・・・

 俺は楽しそうに走ってる高橋が好きなんだ。゜(゚´Д`゚)゜。

 随分と勝手な物言いだけど
 残念でならない




 《3/9 20:00頃追記》
 「実は去年の夏、膝にメスを入れていた」
 ・・・やっぱりか (゚Д゚#)
 「ロンドン」とはさすがに言わないね
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yankoh.blog66.fc2.com/tb.php/71-9949179c