2012.04.04 麺輝堂
科挙
【かきょ】[名]
1202975337416.jpg

 中国、隋初から実施された高等官資格試験制度。
 唐代では秀才・明経・進士などの六科から成り、
 科ごとに古典的教養・文才・政論などを試験した。
 宋代には進士科のみとなり、試験も解試・省試・殿試の三段階となり、
 明・清代は郷試・会試・殿試として行われ、過当な競争を生むなどの弊害を生じた。
 清末の 1905 年廃止。




小手指の"麺輝堂"
車窓から店が見えて、以前から気になっていたのである
割と最近出来たような気がしていたのだけれど、オープンは昨年の秋
何より驚いたのが、それ以前もラーメン屋だったらしいこと・・・

全く記憶にないぞ(;^ω^)

小手指駅周辺にラーメン屋が少ないのが今現在も悩みの種だっていうのに・・・
チェックし忘れたかなあ( ̄ー ̄;)
まあ今回はめでたく気が付いたんで良しとしよう

ということで、3連続新規開拓
 
 
喫茶店風の店構えで暖簾が出ていない
店内の調度もまさに喫茶といった感じ
食券ではなく口頭で注文して後払い

「濃厚豚骨魚介」と「あっさり魚介」の2種類のスープがあって
それぞれのスープでラーメンとつけ麺が出来るそうで
まあそれなら濃厚豚骨魚介ですよねー

120401麺輝堂 (1)

 味玉つけめん     830円
 中盛(330g)       80円



この手のつけ麺で中盛料金を取られるのは久しぶりな気がする
本当はトッピング4種の「特製」にしようかと思ったんだけど、千円オーバーになるので躊躇した
ろくな情報もなく、初見でいきなり千円はないかなあ・・・と

麺は角が立っているタイプの中太で、非常にコシが強い
単体で食べても甘味があってうまい

スープは魚粉をちょこっと乗せてある
中にはメンマと短冊状のチャーシュー
割とサラッとしていて粘度はそれほど高くない
酸味は無く、豚の脂の甘さが目立つ
麺の甘さと相まって良い案配

事前情報が少なかった割りに悪くない
というか、結構レベルが高い

店に置いてあったチラシを見ると

120401麺輝堂 (3)

 東京ラーメンショー優勝?
 あれって優劣競ってたのか・・・
 単なるラーメンイベントだと思ってたわ(;´∀`)



帰宅してよく調べてみたら、2010年の「新人発掘イベント」優勝らしい
それならこのレベルも納得だ
ただ惜しむらくは微妙にお高い
都心でこれなら情状酌量の余地はあるけど・・・小手指ですぜ?(´・ω・`)
ネットで検索したら「50円引きクーポン」なる物があったけど
リピーターを増やしたいなら最初から下げておいた方がいいと思う

でもまあ、夕飯作るの面倒になったらクーポン持ってくるかなあ



麺輝堂
埼玉県所沢市小手指町3-32-18
営業時間  11:30~15:00 17:30~21:30(スープ切れ次第閉店)
定休日   木曜日
席数     カウンター8席ほど 二人掛けテーブル一卓
最寄り駅  西武池袋線「小手指駅」
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yankoh.blog66.fc2.com/tb.php/738-e0f8e8c6