ベタオリ
【べたおり】[名]
1282233685574.jpg

 麻雀用語
 自らのあがりを放棄し、対戦者に振り込まないように
 安全(と思われる)牌を切り続けること。




何度目かの後出しジャンケンで申し訳ないんだけど

日本人で上位に来るなら"中本"君だと思ってました(`・ω・´)

"藤原新"は勝負に行くだろうから、後半落ちてしまう可能性が高い
"山本亮"はなあ・・・
ぶっちゃけ代表決定したレースの勝ち方からしていかがなモノかと思ってまして
国内レベルで最初から脱落しちゃうんじゃ世界でどうにかなる訳が・・・

それに比べて"中本健太郎"
突出した記録はないけど安定感抜群
過去8回マラソンして大崩れが一度もない
さらに、あの"飛松"さんの後輩なんだぜ?
やってくれないわけがないじゃないか!

・・・でも6位入賞は驚いた(;´Д`)
 
 
先日も触れたけど、女子マラソンは世界的に記録停滞していた時期があった
一方男子は、日本が勝手に停滞してまして(;^ω^)・・・
日本記録が出たのはもう10年も前
今回地上波で解説していた"高岡寿成"氏が記録した2時間6分16秒
以来、日本人は2時間6分台すら出しちゃいない(´・ω・`)

そんな中で6位入賞である
大健闘なんてもんじゃない

ただ、男子のレースを見ていて思うのだけれど
女子に比べて脱落率がもの凄く高いんじゃないかと
引き離されても完走しようとはしてるけど、粘ろうという気配があまりない
これがあったんで、俗に言う「拾う」ことを繰り返して6位になった

北京五輪で金メダルを取った、故・"サムエル・ワンジル"氏はインタビューでこう答えた

「日本で学んだ『我慢』で勝てた」

彼は仙台育英高校で全国高校駅伝に出場し、日本の実業団にも在籍していた
でも「これって改めて学ぶ事なのか?」と、当時疑問に思ったものだ
まあ文化の違いなんだろうねえ

ただまあアフリカ勢は我慢していないと言うよりも
「行けるところまで全力で行って、結果的に最後まで保てば勝ち」
というような博打的な雰囲気も感じる
2時間3分台なんて計画的なペース配分で達成出来るとは思えないし(・ω・;)

であれば、女子より脱落が目立つのは身体の造りの違いなのかなあ
女性の方が痛みに強いって言うし・・・
まあ全部推測の域を出ませんが(;´Д`)


今回の"中本"6位は大変立派な成績だ
これは揺るぎない
しかし、世界で勝つための方法論としては"藤原新"の考え方を推す
最初から前の方で勝負する
コンスタントに記録を出すよりも、賭けに出る思い切りの方がこの先必要だと思う
とにかく日本記録を更新しないことには話にならない

女子も含めて、「世界と戦う」ってことを見つめ直すいい機会になったかなあと
いつもの事ながら、外野が偉そうですいません(´・ω・`)
 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yankoh.blog66.fc2.com/tb.php/789-05f0743e