国道136号
【こくどうひゃくさんじゅうろくごう】[名]
IMG_0142.jpg

 起点:静岡県下田市中島橋交差点
 終点:静岡県三島市南二日町IC
 距離:111.3km




 年度末だってぇのにガッツリお休み
 1日で一気に3路線走ってしまおうという無謀な計画その3
 国道136号編

 R414が山間部の集落を結ぶ路線なら、R136は沿岸部の入江と入江を結ぶ路線
 ただ、伊豆南西部は切り立った断崖が多く
 小さな崖はトンネルで、大きな断崖は九十九折りで通り抜ける
 短いながらも大変変化に富んだ道だ
 そして観光シーズンは万年渋滞路線でもある

 ・・・悩んだ挙げ句R136完走あきらめてます ヽ(;´Д`)ノ
 理由は後ほど


 例によって
 たぶんトレースできている地図(まともに国道を走行した場合)
 "頁"とか書いてあるけどリンクしてねぇじゃん!!道路時刻表

 では
 駆け抜け・・・てないなトロンベ orz
IMG_0124.jpg

 2008/03/28 PM02:40 下田駅前 とんかつ一
 デカ盛の超有名店
 詳しいことはググっておくれやす m(_ _ ")m
 おやじにしこたま食わされていざ出発



 ・・・と思ったものの
 実はこの先、国道走行以外にも予定を立てている
 2時間近く遅れたスケジュール
 すべてをこなしたら自宅に着くのは何時になる事やら (´。`)
 といった訳で二つほどあきらめることに

 1.日帰り温泉
 2.R136完走 ←New!

 「おまえは何しに行ったんだよ!!」とお思いでしょうが
 これより優先すべき予定があるんです!!

IMG_0125.jpg

 2008/03/28 PM03:00 起点:静岡県下田市中島橋交差点
 "完走"はあきらめたけど走ることは走る



 走り始めて10分ほど
 いきなりR136から外れてr16直進

IMG_0133.jpg

 そういやここもスルーだ (;´∀`)・・・
 わかる人にはわかる浜

 ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめn(ry



 そして国道完走をあきらめてまで目指した目的地に到着

 このブログタイトルで・・・伊豆の南端まで行って・・・
 ここに寄らない訳にはいかないじゃないか!!

tohdai.jpg

 東大灯台 (-人-)ナムナム

 石廊崎灯台



IMG_0139.jpg

 相変わらず狭き門です (´・ω・`)



 さすがに"罰当たりな奴ら"は実現できんわ (;´Д`)

 国道完走よりネタを優先したように見えるでしょうが
 "アレ"は我が人生の指南書なので自ずとこうなる運命

IMG_0142.jpg

 2008/03/28 PM04:11 R136現道に復帰
 本来なら直進したところに戻るつもりだったのを
 石廊崎からr16を西進して復帰してます
 一部未走確定



IMG_0146.jpg  IMG_0144.jpg  IMG_0149.jpg

 山に分け入り、浜に降り、また山道
 おもすれぇ?(*゚∀゚)

IMG_0154.jpg

 2008/03/28 PM05:20 恋人岬を華麗にスルー
 このシチュエーションでは寄れるものではない・・・

 ( ゚д゚)、ペッ



IMG_0158.jpg

 土肥町から海と別れ内陸へ向かう



IMG_0159.jpg

 2008/03/28 PM05:42 小嵐トンネル付近旧道入口
 どうせ完走じゃないんだし旧道でもと思ったら・・・
 この先のR136が無料開放されたからって塞ぐことないじゃない(#゚Д゚)

 たぶん通れると思っても指示に従いましょう(マニアの鉄則)



IMG_0162.jpg

 2008/03/28 PM06:05 R414と重複
 昼間通った道

 この後完全に日が沈みまともな写真が撮れなくなる (´・ω・`)



 R414との重複が終わり単独区間となると片側2車線になり三島市に入る
 この部分が怒濤の渋滞区間だがこの日は問題なし

IMG_0168.jpg

 2008/03/28 PM07:14 終点:静岡県三島市南二日町IC
 R1との交点

 明るくしてもなんだかよくわからない写真だ




 残念ながら完走はあきらめたが
 この道が走っていて一番楽しかったのはなんの皮肉か ヽ(`Д´)ノ
 夏場になれば渋滞路線だがこの日はガラガラ
 アップダウンの激しい快走路は実におもしろかった
 合間合間にのぞく海岸線も絶景だ

 温泉地にいたのに入浴してないし・・・また来よう
 


 結局R246?R138?R139経由で大月ICまで出て自宅に帰り着いたのはPM10:30
 なんとか日は跨がずに済んだ

 本日の走行距離 505.8km(ラスト60km高速使用)
 自宅を出てから帰るまで 18時間

 反省点 ご利用は計画的に ('A`)
 猛省だなこれは
 


 ※もし興味を持たれた場合は十分な走行経験を積み、入念な下準備
   決して無茶はせず安全運転を心がけましょう
   酷道走行は自己責任でね (=^ω゚)ノ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yankoh.blog66.fc2.com/tb.php/86-a9a3a139