2013.03.02 麺処 晴
恐(畏)れ入谷の鬼子母神
【おそれいりやのきしもじん】[成句]
1314712622041.jpg

「恐れ入りました」という意味で使う洒落言葉。
大田南畝(1749年~1823年)の狂歌に由来するとされる。




2月28日(木)

この日は春霞で遠景が望めなかった。
景色目当ての散歩を計画してたのに・・・(´A`)

方向性を見失ってしまったので何となく秋葉原へ。
献血ルームの前を通りかかったら、2月は強化月間だそうでこの日が最終日。
そういえば1年以上献血してないし、ラーメン屋が開くまで時間もあるので寄っていくことにする。
事故即外傷のライダーとしては協力しておくに越したことはない。
それにO型はO型からしか貰えないのよね(´・ω・`)

血液サラサラ、血圧も正常ヽ(・∀・ )ノ
血を抜いてから歩くのもどうかと思いつつ、上野を通り越し入谷へ向かう。
 
 
昨年夏にオープンした"麺処 晴"。
国道4号と言問通りの交差点の南西側。
つまるところ入谷鬼子母神(真源寺)のちょっと東側にある。
浅草寺からJR鶯谷駅へ向かう途上にあるのでチェックしていた評価の高い店。
まあ「こってり」とかメニューにあれば食指が向くわな(;^д^)

130228特製つけ麺

特製つけ麺   1030円
※特製はチャーシュー×2、海苔×2、味玉追加
大盛(400g)    100円



実に几帳面な盛りつけ。
麺400gというわりに見た目のボリュームはそれほどではない。
ちょっと驚いたのが、破片が浮くほどの超煮干系スープ。
店に入ってから独特の臭いで気付いてはいたけれど、「あっさり」を標榜するラーメンのスープだろうと思っていた。

麺を口に入れてさらに驚く。

固っ!! Σ(・∀・|||)

コシがただ事ではない。
芯まで茹で上がっている麺としては異例の固さだ。
何というか、麺の密度が凄いことになってる感じ。
400gのボリュームじゃないって言ったけど、重さに偽りないなこれ(;゚Д゚)

スープはやはり煮干主体で+動物分。
ただ、動物分から脂を差っ引いてうま味を凝縮したような状態で、表面に油膜はなく粘度もそこそこ高い。
随分贅沢な仕上がりだけど、おかわり自由なんだそうだ。
これも凄いな・・・

スープに入っているメンマは最近流行の柔らかいタイプが2本。
チャーシューはかなり大ぶりのブロック状の物が2つ。
特製の追加チャーシューを見るとローストしたもののようで、中心がほんのりピンク色。
柔らかく程よい塩気でつまみでもいけそう。
味玉は半熟タイプで芯まで味が染みている。
具材は総じてレベルが高い。

スープ割りを頼んだら、「チャーシューとネギはどうなさいます?」とか聞かれ、当然お願いする。
5mm角のチャーシューひとつまみとネギか追加され、おそらく煮干とは別のあっさり魚介スープで割ったものが提供された。


久しぶりに手放しで褒めよう。

いい店だー、とてもいい店だー(´;ω;`)

特製じゃないノーマルつけ麺なら中盛(300g)まで780円。
コスパ的にも優秀だ。
唯一欠点を言えば、店主一人で切り盛りする状況では待ち時間が長いという点か。

「煮干系こってり」というのも競合店少なそうだし、利用価値ありますぜ!(`・ω・´)b
浅草帰りはここで決まりだなあ。



麺処 晴
東京都台東区下谷1-11-7
営業時間  [月~金]11:30~14:30/18:00~22:00 [日・祝]11:00~15:00/18:00~21:00
定休日   土曜日
席数     カウンター8席
最寄り駅  東京メトロ日比谷線『入谷駅』
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yankoh.blog66.fc2.com/tb.php/875-a256f0c0