意に染まない
【いにそまない】[成句]
1362752017120.jpg

とは言わないし、言えないんだよな(´-ω-`)




レースから結構経っちゃいましたが・・・
世間(というか観戦者)の注目は"川内優輝"であったろうが、個人的興味は

"藤田敦史"

元マラソン日本記録保持者(現歴代2位)。
駒澤大学時代はエースで、後の同大学の箱根駅伝連覇の礎を築いた。
先日の『びわ湖毎日マラソン』で世界選手権代表入りを目指したものの途中棄権。
その後、現役引退を表明。

攻め・粘り・勝負強さといった「強い」走りをする選手で、強烈に印象に残っている。
本当に格好良かったんだよねえヽ(・∀・)ノ
子細に箱根駅伝を見るようになったのはこの選手を見たかったがためと言っていい。
実業団に入って日本のエースとして期待されたんだけど、度重なる故障で真の力を発揮出来ず・・・

36歳・・・とうとう来るべき時が来ちゃったなあ(´;ω;`)

その"藤田"が現役最後のレースとして『長野マラソン』を選んでくれた。
ならばファンとしては全力で応えねばなるまい!

最後の勇姿を現地で見届けるぞ!(`・ω・´)
 
 
雨模様になることは予報でわかっていた。
気温も低く、山沿いでは雪になるとも言っていた。
でも、

130421長野マラソン (1)

ないわー
4月下旬でこれはないわー
(lll゚Д゚)



積雪量4cmという話である。
気温は氷点下まで下がらなかったので路面凍結はないものの、スタート時刻が迫っても雪は一向に降り止まない。
マラソンの条件としては最悪の部類だ。

130421長野マラソン (3)

葉桜に積もる雪。
季節の逆行度合いがわかるというもの。



以前のように実家近くの沿道で観戦する方法もあったけど、事前のインタビューで「最後は完走して終わりたい」と"藤田"がコメントしていたんで、ゴールである長野オリンピックスタジアムで到着を待つことに。

130421長野マラソン (8)

ゴールはわかるけどコースはどこだ?(;・∀・)



130421長野マラソン (10)

大会スタッフの努力(雪かき)によりコースが出現。
これがスタートの1時間半後。



ラジオ実況でレースの様子を確認していたところ、"藤田"はトップ集団から離れて少々後ろを走っているということであった。
なので中盤以降は触れられることがなくなり状況がわからない(´・ω・`)

スタートからのタイムが2時間を刻むちょっと前だったか、スタジアムに富士通の福嶋監督が現れた。
ゴール近くにいる関係者と話をしていたんだけど、監督の近くにいた女性がスタンドの知り合いに向けて頭の上で手を交差させた。

×

その女性は「敦史」と書かれた応援用の団扇を持っていた。
その意味するところはすぐにわかったけど、わかりたくない。

130421長野マラソン (12)

"川内"ゴール。



130421長野マラソン (13)

優勝インタビュー。
ちなみに、大会15回目にして日本人初優勝。




続々とゴールする男子選手。
その後、女子のトップがゴールに近づいたという情報がもたらされて嫌でも理解せざるを得なかった。
福嶋監督はゴールする"藤田"を迎えるために訪れたのではない。
途中棄権を伝えに来たのだ。

( TДT)

見届けることが出来なかったということもあるけど、現役最後のレースまでこういう結果だった"藤田"の競技生活に思いを馳せてしんみりしてしまった。
せめて季節相応のコンディションで走れたら違っていたかもしれない。
「(棄権も)自分らしく攻めの走りをした結果だから」と本人はレース後にコメントしている。
たとえそれが自分に言い聞かせているように見えたとしても、外野がとやかく言う話じゃない。

でもねえ・・・
最後ぐらい気持ちよく終わらせてやりたいじゃないか(´;ω;`)


今は何はなくとも「お疲れ様」と言いたい。
本当は聞いてもらえないまでも直接声をかけたかったんだけど、こうなっては致し方ない。
今後は富士通で後進の指導に当たるそうだ。
でもまずはゆっくり身体を休めてほしい。
今までずっと怪我との戦いだったもんねえ(´・ω・`)

一時代を築いた選手がまた一人現役を去りますか・・・


改めて、本当にお疲れ様でした!
 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yankoh.blog66.fc2.com/tb.php/896-f96359b6