ヘイトスピーチ
【へいとすぴーち】[名]
1235974267728.jpg

治安の悪化で人が寄りつかないせいもあるのかね(・ω・;)




11月10日(日)

"つけ麺 五ノ神製作所"のラーメンバージョン。
今年の7月にオープン。
"らーめん・つけめん いつ樹"の3号店という位置づけ。

最寄り駅がJR大久保駅ってことは同じ甲殻類出汁で売ってる"麺屋 優創"と立地が被る。
何でわざわざ客の取り合いになるようなところに出店するかね(;^ω^)
特殊な味なんだからうまく棲み分ければいいのに・・・
まあそんな及び腰じゃ商売にならないのかもしれませんが。

あの行列店"五ノ神"の支店、ましてや日曜日ということで開店30分前に店に赴くも待ち人無し。
近所のコンビニでちょっと時間を潰して再び出向くも開店15分前で人影無し(;・∀・)アレ?
結局、開店するまで待っていたのは俺一人・・・
 
 
開店直後に数人入ってきたものの、カウンター席は埋まらなかった。
オープンからまだ4ヶ月、お世辞にも人通りが多いとは言えない狭い路地である。
俺が空回りしただけか(´・ω・`)

ただ、この日調理してたのは見慣れた"五ノ神"の店主。
つけ麺のほうは任せてこっちに来てるようだ。
新店に賭ける気合いの表れなんだろうとは思いつつ、客足が伸びないからテコ入れに来てるんじゃないかと勘ぐってみたくもなる。

131110らーめん五ノ神製作所 (1)

肉入り海老リッチらーめん   950円



まずは基本のメニューから。
麺は中太のストレート。
トッピングは"いつ樹"系特有の三角メンマに湯がいたキャベツ。
チャーシューの肉増し追加分は3枚だと思われる。

つけ麺とは違う海老を使って出汁を取っているという話だけど違いがわからない(;´Д`)
ただただ強烈に、ひたすらに、海老だ。
スープの濃度はつけ麺とさほど変わらないんじゃないかなあ。
結構ドロドロだ。

麺の増量はなく替玉で対応とのことなので口頭で注文。

131110らーめん五ノ神製作所 (5)

替玉               100円

Σ(・∀・;)
この博多系細麺は!?



見紛う事なき"カッパ64"方式。
"いつ樹"系で替玉って時点で気付くべきだったかもしれない。

一つじゃ足りないのでワンスモア替玉。
ここは替玉が二種類あるのだな。

131110らーめん五ノ神製作所 (3)

バジル替玉          150円



つけ麺のスープ割りに必ず仕込まれるバジル。
考えるまでもなくラーメンスープにも合う。

3玉目は・・・行かない。
というか2玉でスープが無くなった(;´∀`)
ただでさえ持ち上げがいい博多系細麺にドロドロスープじゃこれが限界だ。
少々残ったスープを掻き込んで完食。


間違いなくうまい。
だけど麺の太さ以外つけ麺との差別化が図れていない印象。
それならの甘みのある全粒粉のつけ麺を選びたい。
ということで甲殻類ラーメンとしては"優創"の方が好みだなあ。
あっちは麺の盛りに合わせてスープも増えるし、平打ち麺も秀逸だ。

じゃあこっちは早々に見切っちゃうのかというと、そうもいかない。
メニューに「油そば」があるんだよねえ。
海老の油そば・・・

次回はそれで。



らーめん 五ノ神製作所
東京都新宿区百人町1-23-22 寿宝ビル105
営業時間  11:00~15:00/18:30~21:00
定休日   無し
席数     カウンター12席
最寄り駅  JR中央・総武線『大久保駅』
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yankoh.blog66.fc2.com/tb.php/970-6c321de8